BitMax、Maps.me(MAPS)の新規上場・オークションを発表

FTXほかと共同上場

暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームのBitMax.ioは、Maps.meトークン(MAPS)の共同上場とオークションの実施を発表した。

オークションは日本時間で1月26日の午後11時(January 26th, at 9:00 a.m. EST)、上場はFTX、Serumと同時に2月1日の午後11時(February 1st, at 9:00 a.m. EST)に行われる。

Maps.meとは

Maps.meは分散型金融サービスを備えたオフライン・オンライン地図サービスで、「旅行における究極のコンパニオン」となることを目指している。

ユーザー基盤としては、既に1億人を超えており、決済、宿泊先の予約、送金、資産管理など旅行に関する様々なサービスをウォレットを中心に据え展開。

また、将来的には分散型金融(DeFi)の機能をSolanaブロックチェーン上に構築するとしている。Solanaは分散型取引所(DEX)のSerumなどに使用されているスケーラブルなブロックチェーンだ。

すでに、プロジェクトはAlameda Researchや、Jump Trading、Genesis、CMS Holdings、Primordial Groupなどから出資を含む支援を受けている。

MAPSトークンについて

MAPSはMaps.ioのネイティブトークンであり、プラットフォーム上で様々な用途に使用される。トークンの保有者はリワークプログラムや、割引、特典プログラムなどを受けることが出来るほか、プラットフォームのガバナンスなどにも関わることになる。

さらにプラットフォームの純収益も、その100%が保有者に分配される予定だ。

Maps.meは前述の通り、BitMaxn、FTX、そしてSerum上で26日にパブリックセールを行う。なお、BitMaxとFTXは昨年12月にも他プロジェクトの共同上場を成功させている。

(※BitMax.ioは、LINEの暗号資産サービスでありLVC株式会社(暗号資産交換業者 関東財務局長 第00017号)の提供する取引所BITMAXとは異なる取引所です)

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します