「ビットコイン下降トレンド転換の場合、2万ドル付近までの調整も視野に」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは

ビットコイン(BTC)価格は22日、3万ドルの心理的節目を割り込み、一時28,700ドル(298万円)まで暴落した。

一方で、イーサリアム(ETH)は20日、約3年ぶりに過去最高値を更新。現物価格で1420ドル(約15万円)を上回った。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

1/22(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

1/16〜1/22のBTCチャート

CoinPostで作成

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、上値の重い展開を繰り広げ、一時は心理的節目の300万円を割り込む場面も確認されたが、22日正午時点では、自律反発の様相で320万円付近まで戻している。

今週の暗号資産(仮想通貨)市場では、19日欧州市場でのイーサリアム(ETH)の過去最高値更新(対ドル)に目掛けアルトターン気味となり、週央までのBTCは小確りとした値動きとなるもはっきりと方向感を示せない展開が続いた。

この他、今週はイエレン米財務長官の指名承認公聴会での財政政策に対する議会での「大胆な行動」の呼びかけや、バイデン米大統領の就任式で大規模財政出動策への期待が意識され、ドル安株高とこれまでのBTCにとっては相場が上昇しやすい環境が作られたものの、ETHの過去最高値更新後の反動安に連れ安となり、BTC相場は20日から下げ足を速め始めた。

第1図:BTC対円チャート(1時間足) 出所:bitbank.ccより作成

21日には、ETF業界の巨人と言えるブラックロックが、2つのファンドでビットコイン先物の運用を可能にすると報じられたが、ETHを中心にアルトコインの売りは続き、BTCはこれまでサポートとして機能してきた3.4万ドルを割り込むと安値を広げる展開となり、三角持ち合いの下辺をも割り込んだ。

予想通り今週はドル安となったものの、BTCはアルトコイン相場下落の道連れになった格好だ。

来週は、今年初めの米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。今回の会合からタカ派のメスター・クリーブランド連銀総裁とハーカー・フィラデルフィア連銀総裁の議決権がなくなるため、一年を通して緩和的な金融政策が維持されやすい見通しな一方、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長やブレイナードFRB理事の先週時点での発言から、金融政策据え置きの公算は高いと言え、来週はそれほどのサプライズは期待できないか。

万が一、パウエル議長から上昇し続ける米長期金利をけん制するような発言が出れば、市場も反応しようが、テクニカル的な観点から言って来週のFOMCがBTC相場切り返しの材料となるかはあまり自信がない。

21日の下落で、BTCはチャート上で三角持ち合いを下方にブレイクしており、下降トレンド開始が示唆されていることは否定できない。厳密にパターンフォーメーションの観点から言えば、「ブレイク後はベースと同等幅相場が動く」と言われ、215万円が下値ターゲットとなる。流石に今月8日の高値(435万円)から約50%の調整は考えにくいかもしれないが、ボラティリティの高い暗号資産(仮想通貨)市場においてはこれくらいの調整が起きることも視野に入れておいて良いだろう。

尤も、長期的なテクニカルとファンダメンタルズに変わりはないと見ており、足元の調整はあくまで1〜2週間程度のスピード調整にとどまると指摘される。この先はアルトコイン売り一巡のタイミングを伺いつつ押し目を探るか。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:ビットコイン利益確定売り局面も、底堅さ続くか|bitbankアナリスト考察

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します