「ビットコイン利益確定売り局面も、底堅さ続くか」bitbank仮想通貨週間市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは

ビットコイン(BTC)価格は13日、約3万ドルに急落するも、その後、15日に日本円建で400万円台にまで回復。大きな反発を見せた仮想通貨市場となった。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

1/15(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照)

1/9〜1/15のBTCチャート

CoinPostで作成

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、400万円周辺からジェットコースターの様な急落を演じたと思いきや、週央から急速に切り返し、15日正午時点では400万円台を回復している。

週明けの相場は、マイナーの売り観測の台頭と米長期金利上昇を受けたドル高に動揺する形で、400万円周辺から一気に対ドルで3万ドル(≒313万円)周辺の水準までの急降下し、去年3月のコロナショックに次ぐ暴落劇を繰り広げたが、安値拾いの買いやグレイスケールの新規顧客募集再開が好感され、なんとか同水準で反転上昇した。

その後、急落のインパクトが尾を引き、1時間足の200移動平均線が相場のレジスタンスとなる場面があるも、大口投資家がビットコインを安値で購入しているという手掛かりが安心感に繋がり、ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事が資産購入プログラムの長期化を示唆し、「妥当性があれば資産購入増額の用意もある」とすると、相場は騰勢を強め上述の移動平均線を突破した。

14日には、パウエルFRB議長が現段階での債券購入テーパリング(段階的収縮)を巡る議論に否定的な姿勢を示したことが好感され、400万円奪回に成功した(第1図)。

第1図:BTC対円チャート(1時間足) 出所:bitbank.ccより作成

10日から11日にかけては久しぶりに暗号資産(仮想通貨)らしい急落ぶりを見せたBTC相場だが、2016年から2017年にかけてのメジャーな上昇トレンドでは、30%から40%台の値幅調整がざらにあった。また、現状では相場急落がむしろ「安値で拾うチャンスと意識されている」と指摘したが、やはり機関投資家も今週の急落をもってしても買いを緩めていない模様だ。

しかし、一度400万円維持に失敗していることで、足元の水準は利食いポイントとしても意識されよう。尤も、FRB当局者のハト派な発言が続いたことで、ドルの上値が抑えられる可能性も高まったと言え、ドル安に転じれば上値余地も出てきそうだ。目先では利益確定売りが出るシナリオも視野に入るが、相場の底堅さは続くという見立ては保持する。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:ビットコインのヒストリカルボラティリティは70%台に留まり上昇余地も|bitbankアナリスト考察

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します