CoinPostで今最も読まれています

SEC調査の影響でDeFiプロジェクトが閉鎖、米国での今後の影響は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiプロジェクト閉鎖の経緯明らかに

DeFi(分散型金融)で短期金融市場のプラットフォームを目指していたDMM (DeFi Money Market)DAOが、今月6日に突如として閉鎖を発表した。閉鎖理由として、規制当局による問い合わせを挙げている。

DMMプロトコルは、中小企業(SME)向けの低金利・短期金融プラットフォーム。仮想通貨界隈の著名投資家Tim Draperなどが出資を行っていたプロジェクトで、中小企業には難しいとされる短期的な資金調達の場を提供するマーケットを提供していた。

公式サイトによると、mTokenの発行は停止され、同トークンの利率は、2月10日を持って0%に下げられている。DMM側はこれまでの資本と利益は早急に引き出すよう推奨している。

閉鎖を発表した後、DeFi Money Market側は詳細な情報を公開。2020年12月15日に米証券取引委員会(SEC)より調査召喚状(サピーナ)を受け取っていた事が閉鎖の要因である事を明らかにした。公式のテレグラムグループでは以下の通り説明された。

交渉では相互同意できる解決策を模索したが、最終的にプロジェクトを畳むことがベストであるとの決断に至った。

召喚状内ではmTokenや、DMGトークンに関する情報を求められた為、プロジェクト側は対応を開始していたが、SECとの対話の中で「トークン販売が、米証券法における有価証券の登録基準を遵守していなかった」ことが指摘された。

トークンが有価証券に該当するかについては、Howeyテストなどが知られており、資金を集めたか、共同事業か、収益性があるかなどの要素を考慮した上で「投資契約」に当てはまるか判断される米証券法などを語る上での重要な判例だ。

関連:仮想通貨が「証券」に該当するかを判定するHowey(ハウェイ)テストとは

DMM DAOのガバナンストークン(保有するとプロジェクトの方向を決める投票等に参加できる)であるDMGのパブリックトークンセールは、2020年の6月に開催された。当時、DEX(分散型取引所)のUniswapでは24時間の取引高が全体の25%を占めるなど注目を集めていた。イニシャル・DEX・オファリング(IDO)と呼ばれる、DEX上での資金調達形式が採用されていた。

公式サイトでは現在、可能な範囲内で投資家の預け入れたDMG資産は保有者に返還することを計画している意向が示されている。また、今月10日の時点でSECによる調査は継続しており、終了の日時などは予測できないという。

SECの仮想通貨プロジェクトに対する取り組み

米SECは、これまでに複数の暗号資産(仮想通貨)プロジェクトに対して取り締まりを施行してきた。最近の事例では、未登録証券として暗号資産XRP(リップル)を販売したとして、20年12月に米リップル社とその創設者のガーリングハウスCEOや共同設立者のラーセン氏らが証券法違反で提訴されている。

上記の訴訟に関する訟裁判審理前会議は米時間22日に予定されている。今週16日にも会議前にSECとリップル社が共同書類を提出し、改めて「現時点では、和解の見通しはない」点が強調された。

関連:【随時更新】リップル訴訟に関する国内外仮想通貨取引所・ファンドのXRP対応一覧

また、メッセージングアプリを提供するKik Interactive Inc.は、kinトークンの販売が証券法違反だったとして裁判が行われ、今年1月にSECの主張に有利な判決が下された。

これまでにもメッセージングアプリ大手のテレグラムが計画していた独自仮想通貨Gramのローンチが、SECによる証券法違反による提訴により中止に追い込まれている。

テレグラムはGramのICO(イニシャル・コイン・オファリング)によっておよそ1822億円を調達していたが、投資家に資金を返還、罰金を支払っている。

一方で、分散型金融(DeFi)プロジェクトやDAO(自律分散組織)についてはThe DAOによるICOの事例等があるものの、依然として当局がどのような対応を行うかは不透明といえる。

米国内では連邦法と州ごとの法律では管轄が違う為単純比較はできないものの、北西部のワイオミング州では自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案が提出されていた。

中央管理者が存在せず、自律的に機能する組織のDAOの場合では、「投資契約」を販売する企業に該当しにくいとの見方から証券法に該当する可能性が低いとする意見もあるが、米国の規制当局の姿勢は依然として不透明な状況が続いている。

DMM DAOもまた、ガバナンストークンによってより高度な分散化を目指していたが今回のような事態となった為、DeFiプロジェクトに対する米SECの姿勢は今後も慎重に見守る必要がありそうだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧