CoinPostで今最も読まれています

ドージコイン(DOGE)とは|パロディとして登場した仮想通貨

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ドージコインの特徴

ドージコイン(DOGE)は2013年12月、プログラマーのBilly Markus氏およびJackson Palmer氏によってジョークとして開発された仮想通貨です(その後、両氏はドージコインプロジェクトから離れました)。

Markus氏に関しては、2015年に手持ちのドージコインをすべて売却済みで、「中古のホンダ・シビックが買える程度の利益しか得られなかった」と発言しています。

またMarkus氏は「(ドージコインに)意味はありません。超シュールだ。コインのデザインもシュールだった」などと述べています。

ソースコードとしてライトコイン(LTC)が元となっており、マイニングのアルゴリズムにもライトコインと同じScryptが採用されています。

ブロック生成時間がライトコインよりも短く、約1分でブロックが生成すること、さらにコインの発行上限が定められていないことが大きな特徴です。

関連:仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)とは|今後の将来性とおすすめ取引所

ドージコインは、海外の掲示板サイトである「4chan」で話題になった、柴犬の写真にテキストを追加した「Doge」というインターネット・ミーム(インターネット上でシンボル的に用いられて流行になる画像など)が発端となりました。

Dogeとビットコイン(BTC)のパロディとして作られ、日本の掲示板「2ちゃんねる」におけるアスキーアートのキャラクターから派生した仮想通貨モナコイン(MONA)に似た成り立ちをもっています。

パロディ通貨としての側面を持つ一方で、通貨の開発・改良も積極的に行われ、難易度調整やブロック報酬の仕様、発行上限の撤廃など、利用者のニーズに合わせ臨機応変なシステム変更が度々行われています。

概要

通貨コード DOGE
公開日 2013年12月8日
発行上限 なし(現在の供給量:約1,320億DOGE)
コンセンサスメカニズム Proof of Work(PoW)
公式サイト Dogecoin公式サイト
エクスプローラーURL

Dogechain

White paper なし

草コインの代表格としてのドージコイン

ドージコインはいわゆる「草コイン」の代表格としての扱いを受けることも多く、時価総額の小さい草コインを多く取り扱うCoinExchange、Cryptopia、Tradesatoshiといった取引所で、基軸通貨としてドージコインが用いられていました。

草コインの中には1枚あたりの価値が1satに満たない通貨もあるため、BTC、USD等の通貨への橋渡しとして、1枚あたりの価値が100sat以下であるドージコインをブリッジ通貨として使用。

また、このような背景から草コイン全体の動向がドージコインの値動きに影響されるため、ドージコイン価格をベンチマークとして参照する投資家も多く見られます。

ドージコインを支える強力なコミュニティ

ドージコインの強みの一つに、多くのファンに支えられている強力なコミュニティが存在していることが挙げられます。

2014年のソチ冬季オリンピックの際には、ジャマイカのホブスレーチームが大会に出場するための資金調達手段として同志によるドージコインでの寄付活動が行われ、1日で3万ドル(約345万円)を集めたことで大きな話題となりました。

ドージコインのコミュニティは、英語圏で人気のSNS「Reddit」上に存在しています。

ドージコインの使い方や目的

以前は実社会で使われる通貨や、ユーティリティトークンとしての側面よりも、インターネット上での少額のチップや投げ銭、寄付の資金として使われることが多かったようです。

また、人気SNSのRedditでは、ドージコインによって商品を購入できるプラットフォーム「DogeMarket」が利用でき、一部コミュニティでは通貨としての機能を果たしている事が窺えます。DogeMarketでは、ドージコインを使い、アマゾンギフトカードや商品の購入、ビットコインとの交換などが可能です。

ドージコインは、迅速な支払いができ、少額な決済に向いていることから、マイクロペイメントのような使い方が好まれています。というのも、従来のマイクロペイメントでは、少額の支払いをするのに高い手数料をとられてしまうことがあるものの、ドージコインなら手数料を安く抑えられるという利点があるからです。

ウォレット

ドージコインを保有するために、公式ウェブサイトでは2つのウォレットを紹介しています。

1つ目は「Multidoge」。これはライトウォレットで、ブロックチェーンと速く同期ができる軽量タイプです。2つ目は「Dogecoin Core」。こちらはノードの運営もできる完全版のウォレットです。

2021年、ドージコインの急騰を裏付ける要因

2021年5月5日、ドージコインの価格は0.50ドル(約57円)を初めて超え、1年間で20,000%以上の価格上昇を見せました。その要因として、ビットコインの値動きへの連動だけでなく、社会的影響力の高い著名人のSNS上での発言による変動も挙げられます。

米テスラ・最高経営責任者のイーロン・マスク氏は、「ドージ・ファーザー(ドージコインの父)」を自称しており、彼のツイートによるパンプ(価格高騰)は、日本でも話題になりました。

関連:物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

また、マスク氏の率いる航空宇宙メーカー「スペースX」が、ドージコインで決済された世界初の商用月輸送ミッション「DOGE-1 Mission to the Moon」を2022年の第1四半期に実施する計画も明らかとなっています。

イーロン・マスクはこれについて「来年(22年)、DOGE-1を月に打ち上げる。ドージコインで支払われるミッション。宇宙(に進出する)初の仮想通貨。」などとツイートしています。

ユースケースの増加

ドージコインに対する注目度が高まったことで、2021年にはユースケースが増加。決済手段として新たにドージコインを取り入れる企業も誕生しました。

2021年12月には、東証1部上場企業で、オンラインゲーム制作企業の株式会社ネクソンが、連結子会社が仮想通貨でゲーム内アイテムを購入できるようにすることを発表。対応銘柄にドージコインも採用されました。

関連:東証一部上場ネクソン子会社、BTC・ETH・DOGEなど仮想通貨決済に対応

また、2022年1月にはテスラがドージコイン決済を開始。2月には特定のスーパーチャージ(急速充電)施設でドージコインの利用を可能にする計画も明かしました。

関連:米テスラのスーパーチャージ、DOGECOIN決済を導入か

他には、英プレミアリーグのチーム「ワトフォードFC」がドージコインのロゴが入ったユニフォームを着用することも判明。試合のチケットや関連商品を購入する際の決済手段でドージコインを採用した米NBAのチーム「ダラス・マーベリックス」が、ドージコインを保有する方針を示したといった事例もあります。

関連:英プレミアリーグチーム、来シーズンからDOGECOINロゴのユニフォーム着用へ

関連:仮想通貨DOGE(ドージコイン)をバスケチームで保有へ NBA・マーベリックス

DogeDEXの誕生

2021年3月にはドージコインを主体にした分散型取引所(DEX)「DogeDEX」がローンチされました。ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム(ETH)など多くの銘柄とドージコインをスワップ(交換)したり、流動性を提供したりできるDEXです。

Android端末やiOS端末、パソコンで利用が可能。秘密鍵を自分で管理できる自己ホスト型ウォレットとしても機能します。

関連:ドージコインの分散型取引所「DogeDEX」誕生

ドージコイン財団が復活

2021年8月、ドージコイン財団が活動を再開することを発表しました。2014年に設立された後、活動を休止していましたが、ドージコインのエコシステムやコミュニティのサポートを再開しています。

関連:イーサリアム創設者ヴィタリック氏も参加へ ドージコイン財団が復活

再開時にはイーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーとして参加。ドージコイン財団は、以下の3つを活動の柱にすると説明しました。

  • 開発や支援を通してドージコインをサポート
  • ドージコインの商標の保護
  • ドージコインのロードマップ作成やガバナンスに参加

また、財団は2021年12月に、その後の計画「Trailmap」を発表。ドージコインのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)版を導入する提案がされていて、ステーキングを行えるようにする計画も明らかになっています。

本記事執筆時点の「Trailmap」の内容は以下の通り。

  • ウェブサイト「Dogecoin.com」の内容変更
  • プロダクト開発用のライブラリ「Libdogecoin」の提供
  • 「Dogecoin Standard」として仕様を提供
  • プラットフォーム導入サービス「GigaWallet」の提供
  • Dogecoin Keyring(アプリ開発キット)
  • RadioDoge
  • パートナーシップ:販売時点情報管理システム(L2アプリ)

国内暗号資産取引所での取扱

執筆時点の22年3月現在、ドージコインは日本国内の仮想通貨取引所に未上場ですが、暗号資産取引所BTCBOXが「かんたん売買」サービスにてドージコインを扱う準備を進めていると発表しています。

関連:BTCBOX、国内初の仮想通貨ドージコイン(DOGE)取り扱いへ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧