映画監督ケビン・スミス、自身のホラー映画作品をNFTオークションへ

映画の権利をNFTでオークションに

映画監督のほか、俳優としても活躍するケヴィン・スミス(Kevin Smith)は、自身の作品をNFTでオークションにかけると発表した。落札者は、作品のデータの所有権を持ち、放映や配布などに関する権利を得ることができるようになる。

落札された作品のその後は落札者次第であり、一般に向け放映せずに、落札者自身が見る権利を独占することも可能と見られる。とはいえ、スミス氏は、作品は少なくとも、ストリーマーに売られるだろうと予想している。

最新の作品である「Killroy Was Here」は複数のストーリーからなるオムニバス映画でホラー作品となっている。また、作品のNFTは、自身のオンラインギャラリー、Jay and Silent Bob’s Crypto Studioでオークションが行われる。

1994年に自分が最初に手掛けた映画を、サンダンス(映画祭)に売りに持っていった。そして2021年の今、自分は新たな作品を暗号の世界に売りに行こうとしている。

KILLROY WAS HEREはNFTで売られる最初の映画になる。落札者は映画を配布することだってできる。

ジェイとサイレントボブのクリプトスタジオへようこそ!スモーキントークンのホームだ!

ケヴィン・スミスは、作品「クラークス」が、自主制作映画で有名なサンダンス映画祭で注目を集めて以来、俳優としても活躍してきた。

ハリウッド専門誌Deadline.comのインタビューによると、今回のNFTオークションの発表は、同氏のインディー映画に対するこれまでの取り組みの延長線上にあるという。

インディーアーティストとして、自分は常にストーリーを伝える新たなプラットフォームを探してきた。暗号はそれを提供するポテンシャルがある。 (中略)これがうまくいけば、自分や自分より優れたアーティストが、それぞれのストーリーを伝えられる新たなステージをすぐに持つことになる。

作品のNFTのほかに、ギャラリーでは、スミス氏の手掛けた作品のキャラクターのNFTなども販売される。NFTの作成には、テクノロジー企業のSemkhorが協力を行っている。

著者:t.tenporin
参考:Deadline.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します