1.8億円相当のライトコイン(LTC)で落札、トム・ブレイディ選手の限定ルーキーカード

ライトコインで168万ドル相当

アメリカの競売会社ゴールデンオークションズ社は、米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を代表するトム・ブレイディ選手のルーキーカードが168万ドル(約1億8,000万円)に相当するライトコイン(LTC)で落札されたことを発表した。

このトム・ブレイディのルーキーカードは、コレクターからは激レアカードとみられる2000年発行のPlayoff Contendersカードだ。ゴールデンオークションズ社が暗号資産(仮想通貨)での支払いサービスを開始以来、最も高価なカードとなったという。

なお仮想通貨取引所Geminiの創設者であるTyler Winklevoss氏は今回の落札はGeminiとの提携で実現したとコメント。落札のカードが貴重なカードであることから「コレクター界の聖杯だ」と例えた。

独自のNFTプラットフォーム設立

トム・ブレイディ選手は史上最高のクォーターバックとの呼び名が高く、2020年シーズンもキャリア通算7回目となるスーパーボウル優勝へチームを導いた。

特筆すべきはブレイディ選手自身も4月上旬に独自のNFTプラットフォーム「Autograph」を設立した点だ。エグゼクティブ・アドバイザーには大手企業のSpotifyやApple、DraftKingsなどが名を連ねる。

出典:autograph.io

クリプト業界とスポーツ

ゴールデンオークションズはこれまで、10億ドルを超えるトレーディングカード、スポーツ記念品、その他収集品を販売してきた。この売上はクリプト業界と提携する人気スポーツによるもの。中でもNFT(非代替性トークン)の人気は高い。

最近ではNFLやMLB選手が自身のNFTを販売し、収益を慈善団体に寄付する事例も散見された。

またNFLのフランチャイズ『ジャクソンビル・ジャガーズ』からドラフト1位での指名を受けた大物QBのトレバー・ローレンス選手も自身のNFTを発行。約2,400万円(22万5,000ドル)で落札される作品もあった。

関連:NFLの大物ルーキーに仮想通貨支払い、FTX傘下投資アプリがスポンサーに

またNFL以外でも、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)からドラフト候補として注目を集めている、ゴンザガ大学のJalen Suggs選手も、プロ転向前に自身のNFTをOpenSeaで発行した事例がある。

さらにMLB関連では、トレーディングカード会社のToppsが、MLBのNFTカードシリーズの販売を開始。最近では、MLB最後の4割打者と称される、テッド・ウィリアムズ氏のコレクタブルカードがNFT化され話題を集めた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します