中国雲南省もビットコインマイニング取締りへ 国外移転も準備か

雲南省もマイニングの厳重な取締りへ

中国雲南省でも、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニングを厳しく取り締まる方針が発表された。South China Morning Postなどが報道した。

中国の主要なマイニング地域である雲南省では、自治体政府の方針について情報が錯綜していたが、省のエネルギー担当局が公式に見解を表明した。

現地報道によると雲南省の担当者は、6月末までに、税金や国の送配電料金の回避、電力への不正アクセス、などを行う違法なビットコインマイニングを厳しく取り締まることを確認した。

上記のような違法事業に加えて、電気の使用に関して何らかのセキュリティリスクをもたらすビットコインマイニング事業についても、操業停止処分にするという。

様々な地域で厳しい通達

中国では、5月に国務院会議でビットコイン取引とマイニングを厳しく取り締まるとの方針が発表された。すでに内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区、青海省でも、ビットコインマイニングの一部またはすべてを閉鎖するよう通達が出されている。マイニングが地域の電力不足に影響している点や、炭素排出量削減の妨げになると懸念されていることも背景の一つだ。

化石燃料を中心とする内モンゴル自治区では、4月末の時点までに35のビットコインマイニング企業が閉鎖された。新疆ウイグル自治区でも、当局の管理下にあるすべてのマイニング企業を閉鎖するよう通達が出されたと伝えられる。

また青海省の当局もマイニング企業の閉鎖を命令、データセンターや工業団地、発電所などの企業が仮想通貨関連のプロジェクトに土地と電力を提供することも禁じた。

ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センターの分析によると、2020年4月時点の中国国内ビットコインマイニングについて、新疆ウイグル自治区は約36%、内モンゴル自治区は約8%、雲南省は約5%、青海省は約0.3%を占めていた。これら4つの地域で中国がマイニングするビットコインの約50%を採掘していたことになる。

四川省ではまだ方針不明確

一方、2020年4月に採掘量第2位(約10%)だった四川省については、現在まだマイニングを禁止する計画は発表されていない。四川省は豊富な水力発電で有名な地域だ。特に夏には余剰になった水力エネルギーをマイニング企業が利用しており、地域への影響も影響も軽微とする見方や、自治体に多額の税金を納めていたとした指摘もあるが、明確な理由は明らかではない。

同省のエネルギー当局が、最近電力会社との会合を開いた際にも、既存の政策を変更するという結論には至らなかったが、マイニング企業は9月までに同省から撤退する準備をするように言われているという関係者の声も報じられており、状況は不透明な状況にある。

一部のマイナーは国外移転を準備中

こうして中国でビットコインマイニングの取締りが強化される中、仮想通貨マイニング事業者が、中国国外への移転を準備しているとの報告もある。

ビットコインマイニング事業に携わるEdward Evenson氏は「300〜400メガワット規模のマイニング事業について、北米と欧州にマシンを設置するのを手伝ってほしいと私に連絡があった。カザフスタンへマイニングマシンの発送を開始した企業も存在する」と明かした。

こうしたマイニング企業は以前から、地理的にマイニング事業を分散させることを考慮していたが、最近の取締り強化が、これをさらに後押ししたという。

また、カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」のIR(インベスター・リレーションズ)責任者Sue Ennis氏はウォールストリートジャーナルに、「中国以外の場所にいる人々はこの状況を、より大きな市場シェアを獲得するチャンスと捉えている」と話している。

Hut 8 Miningでは、中国からの移転を希望するマイニング事業者の需要に応えるため、マイニング能力を強化中だという。Ennis氏は、マイニング能力分散が進むことにより、中国がビットコインの多くをマイニングしていることで市場に生じる懸念を軽減するとも指摘した。

著者:A.Yamada
参考:SCMP , WSJ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します