CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨レーティングWeiss Ratings:ADA・NEO・EOSを賞賛|模倣コインに注意喚起

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Weiss RatingsがADA、NEO、EOSを賞賛
Weiss Ratingsは、今週初めの公式ウェブサイトの記事で、市場で最も注目されるいくつかのアルトコインを好評価しました。一方で、ビットコインやZCashの模倣品に注意を促しています。

勝ちコインに固執

ここ数週間、ビットコインやあらゆるアルトコイン価格の好調に見られるように、仮想通貨市場は上向きでした。

Weiss Ratingsが高く評価していた仮想通貨は概ね最高の値動きを見せました。

「今我々が高く評価しているコインが値上がりしています。

Cardanoは2018年の最安値$0.14(約15.2円)から最近$0.38(約41.4円)になりました。

NEO は$44.62(約4,868円)から $92.63(約10,000円)へ。EOS は$4.01(約437円)から $21.13(約2,305円)にまで急上昇。

私は頻繁にこれらのスーパー・コインについて書いてきました。真に投資価値のあるコインです。」

フォークコインに対し厳しい評価を下す

Weiss Ratingsの評論家は、市場のアルトコイン全体の成長については強気な姿勢です。

しかし、とりわけフォークコインとなると懐疑的になります

Weiss Ratingsでは、BitcoinCashを「知的な不正」としたり、BitcoinGoldやBitcoin Diamond, Bitcoin God を「深刻な欠陥」と酷評していますが、それに加えて、避けるべき仮想通貨リストに新しい模倣コインを追加しました。

まずはZclassicです。

Zclassicは、Rhett Creightonとも呼ばれる”シリアルコイン模倣者”の Everett Forth(以下、クレイトン氏)が生みだした安価な模倣品に過ぎない、とWeiss Ratingsは主張します。

同サイトは以下のように説明しています。

クレイトン氏はまず、コードをコピーしてZcashの画期的な技術を手に入れました。

そして(仲間と共に)簡単な修正を行う為に言い訳を作りあげました。

彼は、Zcashは開発者側の報酬に充てる為に「マイニング税」を課したとして、Zcashの中央集中管理制を匂わし、それを批判しました。

次に、コードの一部を削除し、修正後について、より分散管理され、倫理的となる、このプロジェクトこそが「真の仮想通貨の核心をついたものである」と主張しました。

事実は、Zcashのチームが開発した技術に上手くタダ乗りし、単なる安価な模倣という事実を偽装しているに過ぎないのです。

Zクラシックに並んで、Weiss Ratingsがクレイトン氏による模倣コインと見なしているものにBitcoin Privateがあります。

Zcashのコピーだけでは明らかに十分ではありません。

なので、クレイトン氏は新たなものを作り出しました。

彼らはZclassicそのものをフォークし、BitcoinPrivateと名付けました。

このフォークの理由はZclassicに自主的なマイニングのプログラムを加えるという事なのです。

言い方は違いますが、これは要するに最初に削除したマイニング税の復活を意味します

従って、BitcoinPrivateはほぼZcashと同一のものとなりました

唯一の違いはブランディングです。ビットコインという冠がつけば、人気に上乗りできると考えたのです。

最後に、Weiss Ratingsは投資家に、クレイトン氏の次の仮想通貨プロジェクトとされているBitcoin Primeに注意を促しています。

Weiss Ratingsは次のように述べています。

Bitcoin Privateで投資家を惑わせ、誇大広告を打ち出し、荒稼ぎした後も、この連続模造犯は更に模造を重ねます。

最近の彼のツイッターによると、今度は絶滅しかけているPrimeCoinと呼ばれるコインのコードを利用して、BitcoinPrimeというコインをスタートさせる模様です。

まとめとして、Weiss Ratingsは自社宣伝も兼ねた3つのルールを提示しています。

  1. 我々のレーティングのB-以上のコインに焦点をあてる事。
  2. Bitcoin Gold (D), DigiByte (D+), Electroneum (E), Nebulas Token (D+) or ReddCoin (D+)の様に、D+以下のコインはすぐに処分すること。
  3. 安価な模造コインには何があっても手を出さない事。我々はこの様なコインを評価対象にすらしていません。

Weiss Ratings Praises Cardano, NEO, and EOS — Cautions Against Bitcoin Forks

May 5 2018, by ADAM JAMES

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRPの保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧