CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン上昇トレンド復帰への切っ掛けなるか、雇用統計など経済指標にも注視 bitbank寄稿:仮想通貨週次市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の相場の動きは

ビットコイン(BTC)は先週から日足で10連続の陽線を記録し、31日になって価格は450万円を突破した。

アマゾンのビットコイン決済導入計画は否定されたものの、マイクロストラテジー社がビットコイン投資を継続すると発言するなど、ポジティブなニュースも出ている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

8/6(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

7/31〜7/6のBTCチャート

出典:TradingView

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、直近2週間に及んだ上昇から一服の様相。6日正午時点で、440万円台前半で推移している。

週前半のBTCは要人発言が相次ぎ上値の重い展開。週明けのシカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物取引開始と同時に450万円を割り込むと、3日朝方に米連邦準備理事会(FRB)のウォーラー理事がCNBCとのインタビューで、「早期且つ急速」な債券購入額縮小(テーパリング)の支持を表明し、早くて10月には開始できるとの見方を示した。

同日には米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長がブルームバーグとのインタビューで、ICO、DeFi、レンディングなど、暗号資産(仮想通貨)業界の広い分野において投資家保護が欠けていると指摘。さらに同氏は、この日行われたアスペン・セキュリティー・フォーラムで、仮想通貨市場を無法地帯であることを意味する「ワイルドウエスト」と形容し、BTC相場は4日までほぼ下げ一色となり410万円まで下落した。

しかし、4日のADP雇用統計で月間雇用者数の増加が33万人と市場予想中央値の半数を下回ると、BTCは急反発を演じ、1時間足の200本移動平均線まで戻した。5日の東京時間から欧州市場序盤にかけてはイーサ(ETH)の反落に連れ安となり前日の上げ幅を帳消しにする場面もあったが、イーサリアムのロンドン・ハードフォークが実装されるとETHの反転上昇に連れ高となり450万円にタッチ。

足元では対ドルで節目の4.1万ドル水準でやや上値を重くしているが、1時間足の200本移動平均線がサポートに転じ、底堅い推移となっている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

今週、米金融当局者でテーパリングについて発言したのはウォーラーFRB理事だけでなく、4日の米時間にはクラリダFRB副理事、セントルイス地区連銀のブラード総裁とダラス地区連銀のカプラン総裁も早期テーパリング開始を支持する発言をした。

先月の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、パウエルFRB議長が経済について「今後数回の会合で進捗を精査する」とし、性急な引き締めは行わないことを示唆したこともあり、テーパリング開始時期の決定にはまだ時間がかかるかと思ったが、FRB内で意見の相違があるようだ。

中でも、ウォーラーFRB理事は10月にテーパリングを開始する条件として、「8、9月に80万人台の雇用者数増加」を挙げており、6日の雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想の通り80万人台に乗せるか否かで、BTC相場の明暗を分けるかと指摘される。

チャート上では、BTCは5月から続く中期レンジの上限ブレイクが視野に入ってきており、今夜の雇用統計が追い風となれば上昇トレンド復帰への切っ掛けともなろう(第2図)。ただ、雇用統計が上振れとなれば、テーパリング前倒し懸念とレンジブレイク失敗に対する失望売りで安値を広げる公算が高いと言え、目先の相場の方向感は雇用統計次第と見ている。

【第2図:BTC対円チャート(日足)】出所:bitbank.ccより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:三役好転目前のビットコイン、来週も気の抜けない1週間となるか

関連:ビットコインの高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア