CoinPostで今最も読まれています

三役好転目前のビットコイン、来週も気の抜けない1週間となるか bitbank寄稿:仮想通貨週次市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の相場の動きは

ビットコイン(BTC)は先週から日足で10連続の陽線を記録し、31日になって価格は450万円を突破した。

アマゾンのビットコイン決済導入計画は否定されたものの、マイクロストラテジー社がビットコイン投資を継続すると発言するなど、ポジティブなニュースも出ている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

7/30(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

7/25〜7/31のBTCチャート

出典:TradingView

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週のビットコイン(BTC)対円相場は上昇基調を保ち、7月30日正午時点で440万円周辺での推移となっている。

週明けにアマゾンが年内にビットコイン決済の導入を検討しているという匿名の内部情報を受けて、相場は380万円から430万円まで一段高を演じたが、これをアマゾンが否定したことで反落。しかし、BinanceのCZが各国規制当局と寄り添う姿勢を見せたことを好感したか相場は400万円で切り返し、アルファベットやアップルの好決算を受けた米株先の上昇を味方に粘り腰を発揮し440万円に乗せた。

その後は対ドルで4.1万ドル(≒450万円)突破を試すも戻り売りが入ったが、28日未明に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見がハト派に映り、相場は430万円割れを回避した。

しかし、その後、米インフラ投資法案に3兆円規模の暗号資産(仮想通貨)税収計画が盛り込まれていることが伝わると、相場は上値を重くし、29日からは4万ドル(≒438万円)を挟み込み踊り場を形成している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

7月21日から28日にかけて、ビットコインの対円相場は勢いよく130万円ほど上昇し、アク抜け感を演じている。しかし、短期間での急上昇で相対力指数(RSI)が一気に「買われ過ぎ」となる70%に到達したことでテクニカル的な過熱感がうかがえ、29日の市場は比較的に薄商いとなり買い控えムードが広がった。

ただ、2週間前には一目均衡表で三役逆転を示現し、ボリンジャーバンドでは-2σ割れが危惧されていたことを考慮すると、足元では三役好転が目前となり、上昇バンドウォークを開始していることから、テクニカル的なセンチメントは相応に改善していると言えよう。

また、今週は米10年債の実質金利が週明け早々-1.10%を割り込み、28日終日時点では-1.15%を記録し過去最低水準まで落ち込んだ(FRED調べ)。今週はこれがドル指数の重石となっており、ビットコインにとっては強地合いを支える一因となっていると指摘される。

来週はイーサリアムのハードフォークによるアップデート、「ロンドン」が日本時間では8月5日午後6時半頃に予定されている他、米雇用統計の週となっている。ロンドンアップデートに向けてはイーサ(ETH)が市場の上昇を主導できるかが注目となり、アップデート後に事実確定売りが入るかにも注意したい。

米雇用統計は発表される2日前からが勝負となる。労働省が発表する雇用統計は8月6日だが、4日にはその先行指標ともなるAutomatic Data Processing社(ADP)の雇用レポートの発表がある。今週のFOMCではテーパリング開始時期について具体的なヒントも出なかったことから、テーパリングの前倒し懸念が幾分和らいだと見ているが、米労働市場に改善が見られれば、こうした懸念が再燃すると想定されるため、来週も気の抜けない1週間となりそうだ。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回レポート:瀬戸際にあるビットコイン、典型的な閑散相場の値動き

関連:ビットコインの高騰理由を解説、加速する資金流入に「3つの要因」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧