仮想通貨市場に参入か、米資産運用大手フランクリン・テンプルトン

仮想通貨業界に参入か

米大手資産運用企業フランクリン・テンプルトン(Franklin Templeton)は、暗号資産(仮想通貨)に関連した人材を募集していることが分かった。

ビジネス向けSNS「LinkedIn」の同社のページによると、現時点で確認されている求人は「トレーダー」と「リサーチアナリスト」。求人内容からは、フランクリン・テンプルトンが仮想通貨の金融商品をローンチする可能性も窺える。

公式サイトによると、フランクリン・テンプルトンは2020年12月末時点の資産運用額が1.5兆ドル(約165兆円)に上る大手資産運用企業。機関投資家から個人投資家まで幅広いをクライアントを抱え、70年以上も投資家をサポートしてきた実績を持つ。

トレーダー業務について

今回求人が出されているトレーダーの職務については、「ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの、時価総額が高く、流動性の高い銘柄で、複数の戦略に基づいたトレードを行う」と説明。ポートフォリオを調整したり、決済などの業務をサポートしたりもするという。

それ以外には、プラットフォームの発展をサポートするためにツールの構築に携わったり、トレード戦略を考案したりすると説明。また、ユーザーのコミュニティや開発者、他のトレーダーや自律分散型組織(DAO)とも関係を築くように求めている。

トレーダーが保有していると望ましい知識・スキルについては、先物などのデリバティブ取引に関する実務的な知識や高度な数学的手法を用いたスキルなどを挙げた。

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略で、自律的に機能する分散型組織を指す。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在せず、参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

リサーチアナリスト業務について

一方、リサーチアナリストの仕事については、「ビットコインやイーサリアムなどの、時価総額が高く、流動性の高い銘柄についてリサーチを行う」と説明。ファンダメンタルズをリサーチしたり、定量分析を行いながら評価モデルを確立し、ポートフォリオマネージャーや幹部に情報を提供するという。情報の内容は、規制やステーキング、ビジネス機会に関するものだとした。

また、リサーチアナリストは、仮想通貨領域における金融商品の開発・運営をサポートすることも期待されていると説明。この点から、フランクリン・テンプルトンが仮想通貨の金融商品を開発することを計画していると見られる。さらにトレーダーと同様、リサーチアナリストにもコミュニティらと関係を築くことも要求した。

今後フランクリン・テンプルトンが、実際に仮想通貨市場に参入するのか、どのような投資を行うのかなど具体的な計画は定かではない。しかし、大手金融企業が新たに仮想通貨業界に参入する可能性があるとして、求人に注目が集まっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します