キューバン氏のNBAチーム、仮想通貨のグッズ購入で還元キャンペーン

チケットやグッズをDOGEなどで支払い

米国テキサス州ダラスに拠点を置くプロバスケットボールチーム(NBA)、ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)は、ファンがチケットやグッズ購入を仮想通貨で決済すると、商品券が得られるキャンペーンを実施していることが分かった。

キャンペーンは9月30日まで行われるもので、同チームはビットコイン、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)など8銘柄の決済を導入している。

ダラス・マーベリックスは、実業家のマーク・キューバン(Mark Cuban)氏が所有するNBAのチームとして知られる。

実業家として知られ、近年では暗号資産(仮想通貨)への投資を多く行っているキューバン氏がチームのオーナーを務めていることで、今回のキャンペーンが実現したとみられる。同氏はレイヤー2ソリューションのPolygon(旧Matic)などへ投資、自身のアートギャラリー「Lazy」にもPolygonを導入したほか、ドージコインへの愛着も以前より表明している。

関連:Mark Cuban氏のNFTギャラリー「Lazy」、Polygonの導入を完了

なお、キューバン氏はNFTの収集にも熱心で、保有するNFTコレクションのギャラリーはツイッタープロフィールなどからアクセス、閲覧することが可能だ。

「MavsCryptomania(Mavsはチームの略称)」キャンペーンは9月30日まで実施され、1回の購入で150ドル(約16,000円)以上を仮想通貨で支払うと、オンラインショップでの購入に使用できる25ドル(約2,600円)分のギフトカードがもらえる。

ダラス・マーベリックスは2019年にビットコイン(BTC)でのチケット、商品の決済受け入れを開始。その後、今年3月にはイーロン・マスク氏が支持することで知られるミームコインのDOGEにも対応を開始し、現在はステーブルコインを含む8種類の仮想通貨を受け入れている。

ドージコイン(DOGE)

2013年にジョークとして開発された柴犬をモチーフにした仮想通貨。

▶️仮想通貨用語集

キューバン氏は、今年4月に仮想通貨決済について、グッズ販売でドージコインが多く利用されているとして、「ビットコインのパロディとして誕生したドージだが、今や(立派な)デジタル通貨になった」と語った。

関連:米著名投資家 Mark Cuban「ドージコインへの投資は宝くじよりも優れている」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します