AP通信がChainlink(LINK)のオラクル活用、自社報道をブロックチェーンで発信

AP通信とチェーンリンクが提携

大手メディアAP通信は21日、暗号資産(仮想通貨)分散型オラクルプロジェクトのチェーンリンク(LINK)と提携して、同社の報道内容をブロックチェーン上に掲載することを発表した。

これにより、dAppsなどの開発者は、チェーンリンクのネットワークを通じて、AP通信が提供するデータや情報を利用できるようになるという。

関連SBI VCトレードの銘柄新規上場、チェーンリンク(LINK)とポルカドット(DOT)

オラクルとは

ブロックチェーン上のスマートコントラクトオフチェーンのデータを提供するサービス。例えばChainlinkは、世界中で広く採用されている分散型オラクルソリューションであり、そのビジョンを、「スマートコントラクトにおける、オンチェーンとオフチェーンの構成要素を安全に組み合わせる」ことだと説明している。

▶️仮想通貨用語集

取引アプリからゲーム、NFTまで

AP通信は、データの用途として様々な可能性を挙げた。

例えば、取引を自動化するアプリを作成するために四半期ごとのGDPの数字を使うことが考えられる。また、スポーツゲームの開発者は、試合でのスコア、チームのスケジュール、最新の選手のコンディション報告などを必要とするかもしれないという。

さらに、NFT(非代替性トークン)にも応用できる可能性を指摘して、次のように説明した。

アーティストは、APのノードから現実世界のデータを取り込み、新しいタイプのダイナミックなNFTアート作品をデザインすることができる。最新データに基づいて、リアルタイムに変化し、更新される作品を生み出すことも可能だ。

情報の正確さを担保するブロックチェーン

AP通信のブロックチェーン・データライセンス担当責任者Dwayne Desaulniers氏は、ブロックチェーン活用について、次のように語った。

AP通信は世界中で、事実に基づいた情報を提供しており、今回の提携は、ブロックチェーンのユーザーに信頼性の高い情報を提供する機会となる。

ブロックチェーンネットワークは、正確性を要求するものでもあり、根本的に重要な技術だと考えられる。

ブロックチェーンの改ざん耐性の高さが、正確な情報を伝えるという報道機関の性格にもマッチしていると示唆した格好だ。

AP通信は、昨年もすでにブロックチェーンを使った情報配信を行っている。2020年10月、ブロックチェーンのスタートアップ企業Everipediaと提携して、米国大統領選挙の関連情報をブロックチェーン上で公開していた。

ブロックチェーンに注目している報道機関はAP通信の他にもある。ニューヨークタイムズは、2019年に「The News Provenance Project」を創設。このプロジェクトでは、報道写真の出所や、オリジナルから加工されていないかなどを証明するためにブロックチェーンを用いる実験を行った。

またロイター通信は2020年、ブロックチェーンに特化した研究センター「The Starling Lab」と協力して、ドナルド・トランプ氏からジョー・バイデン氏へと政権交代する様子を記録していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します