CoinPostで今最も読まれています

テックビューロ、新生COMSAのサービス開始予定と「CMS:XYM」のエアドロップを発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「新生COMSAサービス」ローンチへ

テックビューロ株式会社は25日、11月25日よCMS:XYMトークンのエアドロップをオプトイン形態で開始すること、及び「新生COMSA」のローンチを発表した。事実上の大型アップデートだと思われる。

新生COMSAでは、すでに発行されているコムサトークン「CMS:ETH」、「CMS:XEM」、「CMS:XYM」によるトークン3種の価値の最大化を目指すとしている。

COMSAとは

COMSAとは、テックビューロ社が開発した、実ビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を支援する「ICO総合プラットフォーム」。企業のICOによる資金調達と企業の持つ資産のトークン化技術、「mijin」による内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供する。

▶️仮想通貨用語集

同社代表の朝山貴生氏は2020年5月、今後も国内外においてブロックチェーン上のトークン発行支援を軸として、COMSA事業を継続することを発表していた。

暗号資産(仮想通貨)NEM(XEM)と新チェーンのシンボル(XYM)、プライベートブロックチェーン製品mijinを主軸とし、仮想通貨や電子記録移転権利にあたらない企業トークンの活用を視野に、事業方針への軌道修正を検討する方針を示している。

関連:仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

関連:テックビューロのCOMSAが新方針、次世代NEMやmijinなど活用の「トークン発行支援事業」について

CMS:XYMトークンのエアドロップについて

同社は今回の発表について、以下のように説明している。

2020年5月に発表したCOMSA新方針の発表から1年半経ちますが、テックビューロでは暗号資産取引所のライセンス返上を含めた膨大な整理作業を完遂し、新サービスを開始できる環境がようやく整いました。

それに合わせて、同発表の時点で明確に予見していたNFTの台頭など「誰にでもすぐに簡単にトークンが作れる時代」の到来を、弊社の手でさらにその敷居を下げることによって証明しようと考えています。

新生COMSAでは、第一弾プロジェクトとして、シンボルネットワーク上でのCMS:XYMトークンのエアドロップを実施するとした。

CMS:XYMトークンのエアドロップでは、オプトイン(事前同意)方式によってスナップショット(権利確定日時)時の保有CMS:XEM数と同数のCMS:XYMを、保有者が希望するシンボルアカウント宛に送付するという。

エアドロップのオプトインには、メッセージを付記してCMS:XEMが送信できるウォレットが必要だが、取引所内にCMS:XEMを保有している場合は、その保有者にCMS:XYMが配布されるかどうかは該当取引所の対応次第であると説明。CMS:XEMを取り扱っている取引所に対して、間接的なエアドロップへの対応を依頼していると明かした。

現状、CMS:XEMを取り扱っている国内取引所はZaifのみであることから、Zaifと交渉中であると見られる。Zaifの元々の運営元はテックビューロであったが、2018年9月に株式会社フィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡され、2020年11月に商号が現在のものに変更された経緯がある。

関連:仮想通貨取引所Zaifとは|主な特徴と注目ポイントを解説

仮に取引所がエアドロップを代行しない方針を示した場合は、CMS:XYMを受け取ることができなくなるため、同社はスナップショット期日までに一旦同トークンを取引所外のメッセージ機能対応ウォレットに移してから、自身でオプトインを行うことを推奨している。

新生COMSAの内容

新生COMSAについては、「2022年にかけて、同サービス上で利用者が発行したトークンと各種CMSトークンとを合わせた全てにおける流動性と価値向上を目指す新たな流通サービス」であると説明。そこでは、SYMBOLに実装された新機能を活用し、決済などさまざまな用途で使用できる仮想通貨としてCMSトークンなどに順次対応するという。

また、新生COMSAでは、新たにエアドロップされるCMS:XYMも大きな役割を担うことになるとしている。

COMSA以降に暗号資産の世界へと足を踏み入れた皆様にも、新たにCOMSAホルダーとなることが将来的に有益となるであろうことを証明していくのが弊社の役割です。

そのためにも、既存の「CMS:ETH」と「CMS:XEM」だけではなく、エアドロップされる「CMS:XYM」についても、他の有益なアセットを対価として得るために使える暗号資産としてサービスの根幹に組み入れることによって、最小のアウトプットが最大のインプットにつながるという、まさにテックビューロのビジョンである「Manifest Your Minimum Into Your Maximum」を新生COMSAによって具現化して参ります。

ICO規制とCOMSAの動向

金融庁は、仮想通貨のハッキング事件や主要取引所への業務改善命令などが相次いだ年(2018年)の12月に公表した「仮想通貨交換業等に関する研究会」の報告書にて、ICO(イニシャルコインオファリング)の資金調達に関する法規制の方向性を示した。

報告書では、ICOとは「企業等がトークンと呼ばれるものを電子的に発行して、公衆から法定通貨や仮想通貨の調達を行う行為の総称」と説明されている。この報告書の内容を受け、2019年3月に資金決済法と金融商品取引法、金融商品販売法の改正案が閣議決定、同年5月には改正法案が国会で成立し、2020年5月に施行された。

改正法では、ICOによって発行されるトークンが仮想通貨に該当する場合は、資金決済法の規制対象となることが定められた。これを受け、朝山氏は上述の2020年5月の発表で「結果としてICOと事後活動におけるリスクが一層浮き彫りになった」と言及。相場操縦行為や風説の流布に関しては課徴金などの行政罰が定められておらず、それらに該当した場合には、金融商品取引法では最も重い制裁の類型に入る直接刑事罰を受けるリスクがあるという点を指摘していた。

このような経緯により、ローンチ当初の目標に掲げたCOMSAによるICOプロジェクトは滞っていたが、今回生まれ変わったプロジェクトのローンチの目処を発表できるようになったものと思われる。

関連:ビットコイン6万ドル割り込むも反発、3年半ぶりの朝山氏復帰でCMSやXYMが物色される

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア