テザー(USDT)、アバランチが対応発表

マルチチェーン対応の更なる展開

米ドルステーブルコインUSDTを開発するテザー社とAvalancheは11日、高速L1のアバランチ(AVAX)が対応することを発表した。

関連初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

アバランチの採用予定については今年の5月に発表された。USDTに対応する9つ目のブロックチェーンになる。USDTは、イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)、トロン(TRX)、アルゴランド(ALGO)などでも発行されている。

Avalancheのブロックチェーンは、高速トランザクションおよび高度な分散性を特徴としたスマートコントラクトプラットフォーム。イーサリアム(ETH)のライバルを意味する「イーサリアムキラー」と呼ばれるプロジェクトの1つだ。

アバランチ財団のEmin Gün SirerディレクターはUSDTの対応について、「アバランチでUSDTをローンチするのは、DeFiユーザーにとっては不可欠なことだ」と話した。

関連Avalanche、DeFiやNFTなどの開発支援へ 220億円超のファンドをローンチ

現在、アバランチ上で運用されている資産総額(TVL)は1兆円を超えている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します