USDTのクジラ2社を特定、仮想通貨メディアProtosのレポート

USDTのクジラ

海外仮想通貨メディアProtosは10日、テザー社が発行する米ドルのステーブルコインUSDTの送金先を調査し分類したレポートを発表した。

Protosは最も普及しているステーブルコイン市場の実態を明らかにするため、2014年の創設から2021年10月末までの7年間にわたり、誰がUSDTを購入しているのかについて、数ヶ月をかけて大規模な調査を行なったという。

Protosは、テザー社から直接送金されたUSDTの送付先のブロックチェーンアドレスを分析し、特定の事業体にリンクさせるという手法をとった。その結果、テザー社は1,085億ドル(約12兆3,590億円)相当のUSDTを発行し、327億ドル(約3兆7,250億円)相当のUSDTを受け取ったが、その大半はマーケットメーカーおよび流動性プロバイダーに直接送金していたことがわかった。

出典:Protos

マーケットメーカーはUSDT全発行量の89.2%、ファンド・企業は8.5%、そして個人トレーダーは2.3%を取得していた。

なお、レポートでは1億ドル(114億円)以上のロットでUSDTを取得した事業体をマーケットメーカー、1,000万ドルから1億ドル(11.4億円〜114億円)の取引を行う企業をファンド・企業と定義している。それ以下は個人トレーダーと分類した。

大口顧客:マーケットメーカー

USDT市場を席巻している「クジラ」は、Alameda ResearchとCumberland Globalの2社で、両社が取得したUSDTの合計は全体の約55%に相当する603億ドル(約6.87兆円)だった。その71%に当たる492億ドル(約5.6兆円)はこの1年間に取得されたもので、この間に発行されたUSDTの約60%に相当するという。

クジラとは

クジラとは、仮想通貨の大口保有者のこと。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨取引所FTXの親会社であるAlameda ResearchはUSDT全発行量の37%に当たる367億ドル(約4.2兆円)を取得した。Cumberland Globalは金融取引企業DRWの仮想通貨部門の子会社で、全発行量の22%を受け取った。ProtosはCumberlandが大手仮想通貨取引所バイナンスの主要な流動性プロバイダーの一つだと指摘している。

他の主だったマーケットメーカーと取得額は以下の通り。

  • iFinex:Bitfinexとテザー社の親会社。45億ドル(4%)
  • Nexo:DeFi分野、26億ドル(2%)
  • Heka:マルタ大学の学者が運営、15億ドル(1.5%)
  • Jump Crypto:Solanaブロックチェーン上で11億ドル

FTXに関しては、USDTと米ドルや他のステーブルコインの相互交換機能やOTC取引を提供しているため、大量なUSDT在庫を必要としている。Alameda Researchはトレーディングとマーケットメイキングを行う企業で、FTXに流動性を提供しているのは以前から明らかになっている。

ファンド・企業

ヘッジファンドやトレード企業が中心で仮想通貨投資や取引で利益を出している事業体の中で、USDT取得で主なものは、Three Arrows Capital(シンガポール大手ヘッジファンド)が6億7,400万ドル(約768億円)相当、Delchain(テザー社の提携銀行所有のDeltec Bank and Trust運営)が9億8,000万ドル(約1,116億円)相当のUSDTをテザー社から取得していた。

ルクセンブルグ拠点の取引所Blockchain.comを運営するBlockchain Accessは8億8,100万ドル(約1,000億円)相当、シンガポール拠点のRenRenBit(中国の取引所を運営)は2億ドル(227億円)相当のUSDTを取得という。この2社は自社の取引所でマーケットメーカーとして活動していた。

個人トレーダー

個人のトレーダーで特出しているのが、仮想通貨Tronの創設者Justin Sun氏で、個人として最高額となる2億ドル(227億円)相当のUSDTを2019年から2020年にかけて取得していた。なお、ブロックチェーンデータを分析した結果、Sun氏は1億2,000万ドルのUSDTをテザー社に送金していたことがわかった。

日本の取引所bitbankに1億800万ドル以上のUSDTを送る役割を担っていたShilong Wang氏という存在も分析から明らかになっている。Wang氏はさまざまなトレーディング会社を通して、合計5億9,500万ドル(678億円)相当のUSDTを扱っていたようだ。AlamedaやCumberlandなどのマーケットメーカーが本格参入する前の2019年の下半期時点で、同氏の関連企業は、USDTの全発行量の5%を取得していたという。

市場を知る

Protosは取引相手の規模の大きさを理解することが仮想通貨トレーダーにとって重要だと指摘。AlamedaやCumberlandなどの巨大マーケットメーカー、Three ArrowsやHekaなどの大手ヘッジファンドの存在を意識することで、USDTペアの市場でどのような力が働いているかを理解し、より多くの情報に基づいた決定の一助となると述べている。

また、Protosは資金力の大きいマーケットメーカーなどが協調して市場価格を操作しているのではという、テザー疑惑が仮想通貨業界では噂されてきたことに言及。流通しているUSDTの大半が仮想通貨価格の急騰前に発行され、ピーク時には発行量が減少、底打ちする直前に再度増加するという動きも見られると分析した。

しかしこのようなパターンに共通しているのは、仮想通貨価格の上昇に伴い、より大量のUSDTが必要になるという点であり、USDTが市場操作に使われているかというの答えは「鶏と卵」のような問題で、どちらが先か知ることは困難だとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します