CoinPostで今最も読まれています

エルサルバドル、ビットコイン推進特区の都市構想発表 1100億円相当の債券発行へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン・シティ構想

エルサルバドル政府は20日、ブロックチェーン開発企業Blockstream社らと連携して10億ドル(1,100億円)分のビットコイン債券を発行する方針を表明。また、調達した資金で、新たに暗号資産(仮想通貨)推進特区「ビットコイン・シティ」を設立する構想を明らかにした。

今年9月、ビットコインを世界で初めて法定通貨として定めたエルサルバドルでは、先週末より相次いで仮想通貨・ブロックチェーン関連のカンファレンスを多数開催。最終日の20日に、ビットコイン法(Ley Bitcoin)の提案者でもあるナジブ・ブケレ大統領が登壇し、ビットコイン・シティの開発計画を発表した。

ブケレ大統領は今年6月、米フロリダ州のマイアミで開催されたビットコイン・カンファレンスにて、世界初の仮想通貨を法定通貨と認める法案を提出する意向を示した経緯がある。

関連:ビットコインの法定通貨案、エルサルバドル大統領のスピーチ

今回発表されたビットコイン・シティは、エルサルバドルの20以上ある火山付近に設置される特別地域。再生可能エネルギーの一種である火山の地熱発電を利用することで、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを実現するほか、以下の税制面の待遇を発表した。

  • 所得税ゼロ
  • 固定資産税ゼロ
  • キャピタルゲイン(資本利得)ゼロ
  • 給与税ゼロ
  • 市区民税

ビットコイン・シティはエルサルバドル東部の建設を予定しており、住宅街や商業地のほか、空港や港、鉄道などのインフラ整備も計画に含まれる。ブケレ大統領によれば、唯一の課税は付加価値税(VAT)になる見込みだ。

同エリアでは、火山の地熱を利用して同都市のエネルギーを確保するほか、ビットコインのボルケーノ・マイニングも行う予定だ。火山熱を利用したビットコイン採掘の計画は以前から示唆されていたが、ビットコインの都市構想は今回初めて披露された。

ビットコイン債券

このインフラ計画の予算を確保する手段として、10億ドル相当の「ビットコイン債券」を発行する方針を表明している。調達した資金の50%はビットコイン・シティの建設に充てられ、残りの半分はエルサルバドル政府のさらなるビットコイン購入に活用される。

債券はブロックチェーン開発企業Blockstreamと連携してリキッド・ネットワーク上で発行する予定で、近々エルサルバドルで提出される証券法によりBitfinexに債券を発行する権利を付与するライセンス制度を設ける計画があるという。

ブケレ大統領と共に登壇したBlockstream社のSamson Mow CSO(最高戦略責任者)はビットコイン債券は、米ドル建で勘定される10年債券であると説明。年率は6.5%で、5年間のロックアップ期間が設けられ、その後BTCを売却することで債券保有者に配当金を付与する予定だ。

同債券の発行は2022年より開始するとのことで、Mow氏は50億ドル(5,700億円)相当のビットコインが市場から取り除かれるため、今後の仮想通貨市場への影響は大きいと指摘。ゲーム理論的にはこのような債券を最初に発行する国が優位に立てると述べ、今後10ヶ国の政府がエルサルバドルの事例に続いた場合、ビットコインの供給量の過半数が市場からロックアップされると分析した。

Blockstream社の発表によれば、ビットコイン債券への出資は最小100ドル(約11,000円)から可能だという。

有識者の見解

エルサルバドルのビットコイン都市構想について、オンチェーンアナリストのDylan LeClair氏は以下のようにコメントした。

火山熱を利用したビットコインのマイニングは当初ツイッタースペースでブケレ大統領に提案されたアイデアだ。また、10億ドル分のビットコイン債券の発行も当初ツイートで提案され、両方とも導入されている。

また、著名投資家のAnthony Pompliano氏は「過度な税金に頼らずとも自ら資金調達できることを認識した都市は誰にも止めることができない」と述べた

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧