高速ブロックチェーン「アバランチ」、賞金総額6億円のハッカソン開始

賞金総額6億円以上

暗号資産(仮想通貨)投資企業のAvatar VenturesとDoraHacksは1日、高速ブロックチェーン「アバランチ(AVAX)」のハッカソン開始を発表した。

「ハッカソン」は、ハッキングとマラソンを組み合わせたIT用語。ハッカソン期間中は、アバランチのコンセンサス及びdApps(分散型アプリケーション)構築について理解を深めるためのワークショップ(グループ学習会)も開催される。

ハッカソン終了後、アバランチ・アジアは審査員団と協力し、プロジェクトを支援するフォローアップ・インキュベーション(創業支援サービス)のための優秀なプロジェクトを選出する。

ハッカソンイベントは、2022年2月1日から3月末まで開催される。賞金総額は500万ドル(約6億円)以上で、賞金の9割は以下の6部門からそれぞれ10のプロジェクトに配当される。

  • DeFi
  • メタバース
  • NFT
  • GameFi
  • インフラ・ツーリング
  • ウェブ3.0

アバランチ公式ハッカソン:https://hackerlink.io/grant/avalanche

スポンサー

スポンサーにはAVATAR(Avalanche Asia Star Fund)、Blizzard Fundをはじめ、A&T、NGC、SNZなど多数の投資ファンドが参加。さらに、ハッカソンの勝者プロジェクトは賞金のほか、アバランチ・エコシステムのトッププロジェクトや取引所、メディアと連携して、プロジェクトの拡大でサポートを受け取ることができる。

また、賞金総額の内、50万ドル(5,700万円)はQuadratic Funding(二次ファンディング)を採用する形でプロジェクトに還元される。同システムでは、コミュニティーの投票数に応じて、プロジェクトの受け取る賞金額が変動する仕組みとなっている。

Quadratic Fundingとは

二次(Quadratic)ファンディングは民主的に資金を配当するクラウドファンディングの一種。コミュニティーからの資金調達などに応じて、企業や投資家から集めたより大きな資金プールの資金が配当される仕組み。

▶️仮想通貨用語集

イベントを共催するのは高速L1ブロックチェーン「アバランチ」のエコシステム発展を目指すブロックチェーン投資企業のAvatarと国際的なハッカソン・オーガナイザーDoraHacks。Avatarは投資家とリサーチャー、コンピューター科学者から構成されており、ウェブ3.0領域に着目している。

今回、ウェブ3.0エコシステムを支援するDoraHacksと連携することで、アバランチ経済圏のデベロッパーらのアイデアや開発を促進する狙いがある。DoraHacksコミュニティでは、これまでに2000を超えるプロジェクトが、世界中の支援者から1500万ドル(17億円)以上の助成金や寄付を集め、世界中の152ヶ国から10万人以上の月間アクティブユーザーを有した実績がある。

アバランチとは

アバランチは、高速処理時間を誇るスマートコントラクト・プラットフォーム。Time-to-Finalityの測定ではブロックチェーン業界で最速。取引手数料も低コストであることから、イーサリアムの対抗馬「イーサリアム・キラー」の一種として注目を集めている。

アバランチ公式ハッカソン:https://hackerlink.io/grant/avalanche

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します