テザー(USDT)、ポルカドットエコシステムに導入

クサマでローンチ

大手ステーブルコインUSDTを発行するテザー社は13日、ポルカドットの実験的なネットワークである「クサマ(KSM)」でUSDTをローンチしたことを発表した。ポルカドット(DOT)エコシステムに進出する第一歩だ。

クサマはポルカドットと同様、異なるブロックチェーンに接続して相互運用を実現するネットワークだ。時価総額が最大なUSDTがクサマに導入されることで、クサマに接続するパラチェーンのプロジェクトにおける利用が期待される。

まずは、「Statemine」というクサマにおける初のパラチェーンでトランザクションの手数料として利用される。

パラチェーンとは、ポルカドットとクサマのメインチェーンである中継チェーン(Relay Chain)に接続するシャードチェーンで、独立のブロックチェーンとして稼働している。

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

テザー社がクサマとポルカドットを採用する計画を発表したのは昨年の4月だったが、当時はパラチェーンの立ち上げ日程によるため、具体的にいつ発行するかは決まっていなかった。

テザー社はUSDTのトランザクション速度や流動性を強化するために、イーサリアムだけでなく、ソラナ(SOL)アバランチ(AVAX)、アルゴランド(ALGO)、トロン(TRX)などマルチチェーンに展開させている。

関連テザー(USDT)、アバランチが対応発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します