米ロビンフッド、ビットコイン・イーサリアム投資信託の取引を提供

GBTCとETHEが上場

米大手投資アプリのロビンフッドは6日、暗号資産(仮想通貨)投資信託の取引を提供し始めた。

新たに提供するのは、米最大手仮想通貨運用企業グレースケールが提供するビットコイン投資信託(GBTC)とイーサリアム投資信託(ETHE)。

GBTCは世界最大規模のビットコイン投資信託で、運用資産が3.2兆円に及ぶ。また、ETHEはGBTCに次ぐ規模のもので、1兆円を超えている。

GBTCとETHEは米国の主要OTC市場に上場しているほか、大手グローバル取引所FTXでも取引されている。

ロビンフッドは最近銘柄の新規上場を加速させている。先月は、ソラナ(SOL)ポリゴン(MATIC)、シバイヌ(SHIB)、コンパウンド(COMP)の4銘柄の新規取扱を実施した。

関連米ロビンフッド、仮想通貨4銘柄の新規上場

投資信託とは

投資信託とは、投資企業が多くの投資家から集めた資金を一つにまとめて、国内外の株式や債券などに分散投資を行い、その運用成果を投資家に分配する1つの金融商品。

グレースケールでは、私募という「資金調達」のプロセスは適格投資家に限定されており、発行された投資信託の株式(GBTC等)は二次市場(OTCマーケット)で全てのトレーダーに取引されている。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します