Western Unionの特許:仮想通貨での安全送金を目論む・リップルとの関係は?

Western Unionの仮想通貨技術に関する特許
世界最大の送金サービスを提供するWestern Union社は、仮想通貨ネットワークに用いられる送金と安全決済管理システムを構想する特許を公表。2016年に提出した特許申請であるため、XRPへの言及はなかった。

今回の特許、リップル社との関連性

7月6日に、米特許商標庁の公表によると、Western Union(以下、WU)は2016年12月に同特許を申請し、電子決済におけるセキュリティを補強する手段を設けようとしていたようです。

「一般的用途ツール」の基で、様々なネットワークに適用し生体認証を用いるシステムは、BTCやLTCネットワークも構想に含まれるそうです。

2016年に提出した特許申請であったため、XRPに言及することはありませんでした。

WUとリップル社は今年2月にXRPトークンを統合したブロックチェーン決済システムを試みましたが、CCNによると、WUのCEOを務めるHikmet Ersek氏はその初期結果に満足していないようです。

とはいえ、まだ試行段階のため、今後も両社の共同業務は注視すべきと言えるでしょう。

世界最大級の送金企業Western Unionがリップル社と共にブロックチェーン試用開始
世界最大の送金サービスを提供するWestern Unionが、ブロックチェーン基盤決済の試用をリップル社と行います。Western Unionは、160年の歴史を持ち、全世界の約200ヶ国で個人送金、企業支払と貿易業務を代行を行う企業です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加