EU、仮想通貨の包括的規制法案MiCAで暫定合意

MiCAで暫定合意

欧州連合(EU)は30日、包括的な暗号資産(仮想通貨)規制法案MiCAについて暫定的な合意に達した。今後正式な採択手続きを経る前に、欧州理事会と欧州議会の承認を受けることになる。

MiCAは「Market in Crypto Assets」の略で、EUが2020年9月に発表した包括的な仮想通貨規制案である。3月には欧州議会を通過し、昨日30日まで、EUの統治機関である欧州議会、欧州理事会、欧州委員会の間で三者協議が行われていた。

環境への影響を開示へ

欧州議会を代表して交渉を主導したStefan Berger議員は、次のように報告した。

欧州議会、欧州委員会、欧州理事会は、バランスのとれた内容のMiCAに合意した。報告者としては、PoW(プルーフオブワーク)のような技術がここで禁止されないことが重要だった。

かわりに、仮想通貨関連プロバイダーは、将来的にエネルギー消費量や、その資産が環境に与える影響について開示することになるだろう。

MiCA審議の過程では、一時ビットコイン(BTC)を始めとするPoW銘柄の炭素排出を考慮して、これらを禁止する可能性がある条項も浮上したが、三者協議に進む前に非承認となっていた。Berger氏によると、最終的なMiCA法案にも、PoW禁止条項が盛り込まれることはなかったという。

EUの公式発表によると、欧州証券市場庁(ESMA)が、環境・気候関連に与える悪影響に関する情報開示の内容や方法などに関する基準の草案を作成する予定だ。

また、欧州委員会が2年以内に、仮想通貨の環境影響に関する報告書を提出し、PoWを含むコンセンサスアルゴリズムの持続可能性に関して、満たすべき基準を導入することも計画されている。

PoW(プルーフオブワーク)とは

PoWとは、コンピューターで計算(マイニング)を行うことによって、ブロックを新たに承認・生成するコンセンサスアルゴリズムのこと。

▶️仮想通貨用語集

ステーブルコイン

ステーブルコインの発行者には、裏付け資産などの要件が課される。1対1の比率、一部は預金という形で、十分に流動性のある準備金を積み立てることが義務付けられる見込みだ。

また、ステーブルコインの保有者が、発行者からいつでも無料で償還する権利を得るようにする。さらに、ステーブルコインはすべて欧州銀行監督機構(EBA)によって監督され、発行者がEU域内に存在することが発行の前提条件となる。

NFT関連

NFT(非代替性トークン)は、原則的にMiCAの規制対象から除外される予定だ。欧州委員会は、18カ月以内に包括的な評価を行い、必要と判断された場合には、NFT市場が含むリスクに対処するための具体的な立法案を作成するよう命じることになるという。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨企業の要件

暗号資産サービスプロバイダー(CASP)が、EU域内で事業を行うには、認可が必要となる。最大手のCASPについては、各国当局が欧州証券市場庁(ESMA)に定期的に関連情報を送信することになる予定だ。

また、消費者保護のための厳格な要件を遵守し、投資家の資産を失った場合には責任を負わなければならない。あらゆる種類の取引やサービスに関して、市場操作やインサイダー取引なども監視される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します