分散型デリバティブZKX、AlamedaやAmberから6.2億円調達

StarkNet基盤のデリバティブプロトコル

イーサリアムL2「StarkNet」基盤のデリバティブプロトコル「ZKX」は14日、リードラウンドで6.2億円(450万ドル)を調達したことを発表した。

シードラウンドには、StarkNetの開発企業であるStarkWare、仮想通貨ヘッジファンド大手Alameda Research、仮想通貨投資大手Amber Group、取引所大手HuobiやCrypto.comなどが参加している。

関連イーサリアムL2「StarkNet」、独自トークンを発行 運営を分散化へ 

ZKXはStarkNetのブロックチェーン上で構築されるデリバティブ取引プロトコルで、DAOによって管理される仕組みを取る。現在はまだプロダクトとしてローンチされていない。

同社は今回調達した資金を、ZKXの取引プロダクトやオープンソースプロトコル、DAOファンディング、ZKXエコシステムの継続的成長に充てていく。また、「オラクルへの過度の依存、デリバティブの流動性を自給することの難しさ、中央集中型上場メカニズムなど、DeFi市場における重要な課題を解決するための新しいフレームワークを作成している」という。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します