CoinPostで今最も読まれています

ドミニカ国、トロン(TRX)など国家通貨として承認 ビットコイン以外では初

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

パブリックブロックチェーンとして初事例

ドミニカ国政府は先週7日、暗号資産(仮想通貨)トロン(TRX)の基盤となるトロン・プロトコルを国家のブロックチェーン・インフラとして認定したことを発表した。

また、TRONプロトコル上で独自の国家ファントークン「ドミニカコイン(DMC)」の発行を行う計画を明らかにしている。ドミニカの歴史と観光業を世界的に宣伝することが目的だ。

トロンの創設者であるジャスティン・サン氏は12日、トロン関連の以下7銘柄がドミニカ国内で正式な公認デジタル通貨および交換手段としての法的地位を取得したと明かした。

  • トロン(TRX)
  • ビットトレント(BTT)
  • ジャスト(JST)
  • APENFT(NFT)
  • テザー(USDT:TRC20規格)
  • Decentralized USD(USDD)
  • True USD(TUSD:TRC20規格)

ドミニカ国では2022年5月にバーチャルアセットビジネス法案(VASB)が可決されたばかり。上記のトロン関連銘柄はドミニカにおける決済や税金の支払いなどで利用可能となる。また、トロン銘柄と東カリブ・ドル(XCD)との交換にはキャピタルゲイン税が課税されない。

トロンDAOはパブリックブロックチェーンが「国家のブロックチェーンインフラ」として独立国家と提携するのは初の事例だと説明。

また、2021年9月には中南米のエルサルバドルがビットコイン(BTC)を法定通貨として承認したが、アルト銘柄としては今回が初の事例だ。

関連:エルサルバドル政府 ビットコイン購入から1周年

ドミニカ国

今回のトロン認可について、15年に渡り政権トップの座を握るルーズベルト・スケリット首相は以下のようにコメントした。

ドミニカは新たな技術を活用して、より包括的で多様性のある経済を構築することにコミットしている。

オープンで費用対効果の高いトロンのブロックチェーン・インフラストラクチャは、ドミニカのような小さな島嶼国が今後のグローバル経済に参入する上で重要な役割を担うだろう。

ドミニカ国はカリブ海に位置する島嶼国。外務省の統計によれば人口は約7万人で、面積は奄美大島と同等の約750平方キロメートルを誇る。

元々は英国の支配下にあり、現在も英連邦(コモンウェルス)の一員。ドミニカ共和国は北西に位置する別の国家だ。

大手仮想通貨取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOも今回の発表について「新たな可能性の扉を開く」と称賛した。

関連:初心者でもわかる仮想通貨トロン(TRX)とは|特徴や仕組みを解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア