【速報】ウィンクルボス兄弟、世界初の規制に準拠するUSD裏付け仮想通貨をローンチ

重要度:(★★★★★=MAX)

ウィンクルボス兄弟によって設立された仮想通貨取引所Geminiは、様々な噂が立っているテザー(USDT)の代替手段となりえる、米ドルに裏付けされたERC20トークンであるGemini dollar(GUSD)の作成を発表。

この通貨は世界で初めての規制当局の認可を得た、法定通貨裏付け仮想通貨となる。

これまで、仮想通貨のようにオープンかつ分散性を持ちながら、信用性があり規制されたデジタル版米ドルは無かった、Gemini dollar(GUSD)は、ブロックチェーン技術に、米ドルの信用性と価格の安定性をかけ合わせ、米国規制当局、より正確に言えばニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の監督とも結び付いているとも発表している。

今までテザー問題に悩まされた仮想通貨の大きな進展であると同時に、法定通貨を担保に無許可でデジタル通貨発行を行なっていた懸念が残る中で、規制当局に認可される通貨が発表されたことはかなり重要な動きと言えるだろう。

詳細記事を公開しました:仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性

仮想通貨の価格操作、ビットコインETFにも影響?規制局認可の新ペッグ通貨「GUSD」の重要性
9月10日にウィンクルボス兄弟によって創業された仮想通貨取引所Gemniが、米ドルに裏付けられたペッグ通貨”Gemni Dollar(GUSD)”を発行することを発表した。

参考記事:Breaking: Winklevoss’ Gemini Launches U.S. Dollar-Pegged Cryptocurrency

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

証券取引所世界2位のNasdaqとGemini、仮想通貨に関する共同事業設立の兆候|TheICOJournalが報道
日本時間8月17日に掲載したTheICOJournalの独占記事にて、ウィンクルボス兄弟に関わる二つの情報(下記参照)を元に、Geminiと世界二位の証券取引所Nasdaqは、グローバル規模で市場流動性を促進する「共同事業」へと踏み出している旨が掲載された。
米国のトップベンチャー50選(2018年版):リップルなど仮想通貨関連企業6社が選出される
世界最大手のビジネス特化型ソーシャルメディアLinkedInが、2018年版のトップスタートアップ50選を発表。選出企業の内6社が、米リップルやコインベースを含む仮想通貨関連企業だった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら