CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン価格は急上昇後、揉み合い状態に|テクニカル分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の値動きを振り返り、次の節目を探る
CoinPost所属のテクニカルアナリストが今週のビットコインの値動きを振り返り、次のシナリオや節目、可能性などを解説。当記事ではボリンジャーバンド、RSI、フィボナッチリトレースメントを用いてビットコインチャートを分析しております。

直近のビットコイン(BTC)の値動き

出典:Cryptowatch(BTC/JPY,bitFlyer,1時間足)

直近のビットコインの値動き(BTC/JPY,bitFlyer,一時間足)を振り返ると、9月20日早朝に60万円代後半をつけた後、そこから反転し、76万円台まで上昇した後は落ち着き、もみ合っております

今回のビットコインの上昇に先んじて、XRPの暴騰などもあり、悲観相場から一転した展開となっております。

ボリンジャーバンドとRSI

出典:Cryptowatch(BTC/JPY,bitFlyer,1時間足)

ボリンジャーバンドでビットコインの値動き(BTC/JPY,bitFlyer,一時間足)を見てみると、急上昇する場面ではバンド帯の上に張り付いていた他、バンド帯を超える場面もありましたが、直近は比較的落ち着いており、9月24日正午過ぎ現在ではバンド帯のやや真ん中に位置するなど、落ち着いた展開を見せております

ボリンジャーバンドとは

価格帯の大半がこのバンド(帯)の中に収まるという考え方をしたテクニカル分析の1つ。

95.5%の値動きは±2αの線の中に収まるという統計から、+2αを超えた時やその付近にある場合は売り、-2αを下回った時やその付近にある場合は逆に買いのタイミングという逆張りの手法によく使われる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

出典:Cryptowatch(BTC/JPY,bitFlyer,1時間足)

RSI(BTC/JPY,bitFlyer,一時間足)上では、21日の急騰の際に買われ過ぎを示す70%ラインを大きく超えて80%台をつける場面もあったものの、そこから落ち着き、9月24日正午過ぎ現在で55%台と、市場センチメント的にも落ち着きを見せております。

直帰もみ合いの展開になっている事から、上にも下にも抜けてもおかしくない展開となっており、ファンダメンタルの要素など、何か材料が出れば再び動き出すかもしれません。

RSIとは

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎと言われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

次の節目は?

出典:Tradingview(BTC/JPY,bitFlyer,日足)

次はフィボナッチリトレースメント(BTC/JPY,bitFlyer,日足)で、次の節目になるラインを見ていきましょう。上向くとしたらここから76万8400円付近を抜け、更に79万1500円付近を超えていけるかどうかとなっており、この揉み合いの流れから下落していく場合には75万2100円、そして次に73万5900円付近を下抜けていくかが一つの節目となっていく事でしょう。

当記事で何度も言及しておりますが、揉み合い相場であり、上抜けも下抜けもシナリオとして想定できる為、何か材料が出てくるとどちらにも抜ける可能性があるでしょう。

免責事項

当記事は、特定の通貨に対する投資や買いや売りのタイミングを推奨するものではなく、市場環境などファンダメンタルズ要因によっても大きく左右されるため、あくまで一つの考え方となります。

また、仮想通貨投資をする際には、価格変動リスク、流動性リスクなど様々なリスクに注意し、自己責任で行って頂くようお願いいたします。当記事を参考にした投資に対して一切の責任を負いかねます。

CoinPostの関連記事

ユニセフ:ユーザーのCPU処理能力寄付を集め仮想通貨マイニング基金実施
オーストラリアユニセフは、バングラディシュの子供達を支援するため、The Hope Pageというサイトを開設しました。ユーザー達がそれぞれのCPUで仮想通貨マイニングが行われ、そのマイニングで得た仮想通貨が子供達への基金として使用されます。
テクニカル指標および、ビットコイン専門家達が示唆する仮想通貨市場の長期的な上昇
GTI VERA Convergence Divergence指標やWilliams Percentage R指標、DVAN Buying and Selling Pressure指標など、複数のテクニカル指標が、仮想通貨市場のトレンド転換を検知した。eToroのCEOを務めるAssia氏は、仮想通貨価格が下落を続ける中でも、その需要が大きく下落することはなかったと主張。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧