ドバイ:ブロックチェーンベースの決済手段を市民に提供する初の都市を目指す

ドバイの住民は現在、品物や各種代金、学費などをデジタル通貨で支払うことが可能だ。

ブロックチェーンベースの決済プラットフォームであるPundi XやロイヤリティプログラムのEbooc Fintech & Loyalty Labsは、ドバイの信用組合と提携している。

ドバイでは昨年、アラブ首長国連邦の法定通貨と同等に扱えるデジタル通貨であるemCashをローンチしている。

Pundi XはこのemCashでの支払いを今後可能にしていくとのことで、これによって市民は通信料、公共料金、店舗支払いなどをデジタルな通貨で行うことができるようになるようだ。

参考記事:Dubai Becomes World’s First City to Offer Citizens Blockchain-Based Payment Solutions

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨Pundi X (NPXS)のナイジェリア進出、国内でPOS決済が可能に
POSシステムを提供するPundi Xがナイジェリアに進出すると発表した。>POSシステムは仮想通貨での決済が可能になるシステムで、ナイジェリアでは今後国の通貨であるナイラにならんで、ビットコインやイーサリアムでの支払いが可能になるとされている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加