CoinPostで今最も読まれています

アリババグループ会長:ブロックチェーンでこの世界を「キャッシュレス社会」に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンとキャッシュレス社会
中国最大手企業アリババのジャック・マー会長は、「キャッシュレス社会とブロックチェーン技術により、必要な資金を手に入れるために排除されることなく、持続可能で透明性のある平等な社会を目指す」と言及した。

ブロックチェーンとキャッシュレス社会

9月10日、1年後の電撃引退を発表した中国の電子商取引最大手、アリババグループ(阿里巴巴集団)のJack Ma (馬雲)会長は、「アリババ傘下のモバイル決済アプリ、アリペイ(支付宝=AliPay)と自分自身の仕事は、世界をキャッシュレス社会にすること」だと述べた。

中国のキャッシュレス化は急速に進んでおり、特にスマートフォンを使った”モバイル決済”の成長は目覚ましい。

特に中国都市部では、一般の店舗はもちろん、道端の屋台ですら、QRコードを使った支払いが可能なほどで、現金を持ち歩く必要性がほどんどないと言われている。 また、公共料金の支払いから給与の受け取りまでも、モバイル決済アプリで済ますことができる。

モバイル決済のみで、現金の受け入れが拒否されることも増えてきた首都「北京」では、通常の店舗での支払いはもとより、タクシーを呼び、その料金を支払うのもスマートフォンが必要となっており、「財布よりもスマホの充電器を持ち歩くほうが大切」との冗談も聞かれるという。

そして、そのモバイル決済アプリの主流となっているのが、アリペイであり、金融サービステクノロジー企業であるAnt Financial社によって運営されている。 

アリペイは単純な決済だけでなく、投資機能(余額宝=ユアバオ)や融資機能(芝麻信用=信用スコアサービス)などとの連携も充実しており、個人向け総合金融サービスプラットフォームとしても注目される。

Ma会長は、このようなキャッシュレス化の流れを作り出すことを重視しており、その理想を次のように述べている。

「私は、キャッシュレス社会とブロックチェーン技術に特に注意を払っている。

私とアリババ、アリペイの仕事は、世界を”キャッシュレス社会”に移行させること。必要な資金を手に入れるために排除されることなく、持続可能で透明性のある平等な社会だ。

そして、中国のキャッシュレス化の原動力となったと考えらるのが、スマートフォンの爆発的な普及とそのスマートフォンを利用した新しいサービスを積極的に受け入れたミレニアム世代である。

アリペイを運営するAnt Financial社の Ray Chan副社長は、同社の目を見張るような成長は、ミレニアム世代によるところが大きいとし、次のように述べている。

「新しい製品を検討する際には、このミレニアム世代向けを意識して開発している。若い世代が我々の社会の原動力となっているからだ。」

企業戦略の五つ柱

アリババグループは、企業戦略の五つ柱として、「ブロックチェーン 、AI、 セキュリティ、IoT,、クラウドコンピューティング」をあげ、その頭文字をとった「BASIC」と呼ばれるガイドラインを昨年公開している。

Ma会長は、ビットコインには懐疑的なことで知られているが、その技術基盤であるブロックチェーンは、「実に強力」であると述べている。 

そして、Ma会長のブロックチェーン 技術への信頼の大きさは、アリババグループがブロックチェーン技術を利用した数々のプロジェクトに関わっていること、そして、ブロックチェーン技術関連の特許出願数において、ずば抜けていることに顕著に現れている。

2017年のブロックチェーン関連特許出願数、406件のうちの43件は、アリババグループによるもので、中国人民銀行の68件に次ぐ第2位となっている。 その中でも、Ant Financial社は独自のブロックチェーン ・オープンプラットフォームのThe Ant Financial blockchain 2.0をリリースするなど、活発な技術開発を行っている。

キャッシュレス化の基盤を作ることに貢献しているアリペイは、「アリペイ支払いでキャッシュバック」や、「無現金週間」キャンペーンで、抽選で純金をプレゼントするなど、その普及のために莫大なマーケティング費用を投入した経緯がある。

 また、ユーザーがスキャンする形の店舗での決済手数料は無料など、ユーザーにとって魅力的なサービスを提供している。

その推進活動の背後には、もちろん、Ma会長のキャッシュレス社会の理想もあるだろうが、マーケティング費用の対効果価値が生み出されるのは、アプリを通して収集されたユーザーデータ=ビッグデータであり、そのデータのAIによる解析により生み出されるマーケティング戦略であると考えられる。

「何億人のも消費行動を収集し、ビッグデータをAI(人工知能)を使って分析していくことで、『見えざる手』が支配し、最良とされてきた『市場経済』を超える新たな『計画経済』を目指す」

これは、Jack Ma氏の談であるが、AIとともにブロックチェーン技術が、この野心的な目標を達成するのにひと役買うことを信じているのは、ほかならぬMa氏ではないだろうか。

CoinPostの関連記事

中国を牽引する世界のアリババ:新ブロックチェーン技術に高い期待感を示す
アリババの創立者ジャック・マー氏はブロックチェーンの可能性について言及し、この技術の期待感を示した。アリババは中国内外でこの分野のプロジェクトを拡大している。また、それ以外の企業でもブロックチェーンプロジェクトの広がりを見せている。
アリババ傘下アリペイ運営企業がブロックチェーンをビジネスの中核の一つと位置付ける
アリババグループの傘下でアリペイを運営するアントファイナンシャル社は、ブロックチェーン技術をビジネスの中核に据え、プラットフォームに導入する方針を強調。独自コンソーシアムチェーンの開発にも焦点を当てる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。
08:30
Optimism、初のアップグレードは3月実施を提案
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア