CoinPostで今最も読まれています

中国を牽引する世界のアリババ:新ブロックチェーン技術に高い期待感を示す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

アリババが積極的にブロックチェーン事業で中国を牽引
アリババの創立者ジャック・マー氏はブロックチェーン技術の可能性について言及し、高い期待感を示した。アリババは中国内外でこの分野のプロジェクトを拡大しており、他の大企業もブロックチェーンプロジェクトに参画している。

アリババ:新ブロックチェーン技術を強固なものへ

アリババグループホールディングは、世界のブロックチェーンアプリケーションに関する全特許数の10%を上回る特許申請を行なっています。中国での仮想通貨分野を超えた次世代テクノロジを席巻を狙う姿勢が現れています。

トムソン・ロイターの情報によると、中国はアメリカを上回る数の特許を申請し、去年テンセントホールディングスやバイドゥなどの技術系企業が申請した特許数は、世界406の特許数のうち56%を占めます。

アメリカが特許申請したアプリケーションの数は22%と2番につけているものの、年間基準では中国が牽引しています。

急激に成長しているブロックチェーン技術はデータが書き換えられず、ブランドや製品が本物であることを保証するアプリケーションなどに利用でき、中国企業はブロックチェーン技術開拓に強い関心を抱いています

知的財産や技術の分野を専門としている法律事務所Eiger Law社のパートナーで台湾に拠点を置くJohn Eastwood氏は

ブロックチェーンは、特許請求によって重要な範囲を抑えることにより中国企業に多大な利益をもたらしうる新しい技術だ

複数の特許を取得することにより、ブロックチェーン技術を扱う企業が投資家や金融機関から資金を調達しやすくなる。

などと発言しました。

出典:IRPdaily,incoPat

上の図を見ると、アリババは2017年に43のブロックチェーン関連の特許を提出し、テンセントは11申請しました。

アリババの金融関連会社アント・ファイナンシャルとアリペイは先週、黒龍江(こくりゅうこう)省東北部ウーチャンの地方自治政府との提携を表明しました。ウーチャンで生産された米の信頼性を保証するために、ブロックチェーン技術を用いるということで、9月30日から全てのウーチャン産米がアリババのTモールプラットフォームで販売され、また全てにQRコードがつけられその信頼性を保証しています。

ユーザーはAlipayアプリを用いてそのQRコードを読み取ることにより、輸送経路やどのような苗を用いて栽培されているか、などの情報を得ることができ、さらに配送時間短縮も見込まれるとのこと。

ウーチャンは高品質な米が有名ですが、近年、この地域で栽培されたと謳(うた)う偽装米が市場に出回っており、この地域の農場経営者の生活や地方政府の信頼に大きな打撃を与えていした。

中国では仮想通貨の取り扱い自体は禁止されているものの、アリババは様々なアプリケーションを開発し、ブロックチェーンに関連したビジネスを拡大しており、この分野で世界的リーダーとしての地位を獲得しています

ブロックチェーン技術はセキュリティや持続可能性などの課題を乗り越える一助になりうる

人々の想像をはるかに超え、世界を一変させる可能性がある。

とアリババの創立者ジャック・マー氏は、6月香港での同社ブロックチェーン・ベースの送金サービス立ち上げに際し発言しました。

アント・ファイナンシャルとGCashによって運営されているこのサービスは、銀行よりも速く、安く、そして国境を越え、送金できることを約束しています。

送金者や受け取り手はすべての送金経路を追跡することができ、海外へ出稼ぎする人が多いアジア地域において大きな潜在性を秘めているとのこと。

また同社は、会計監査などを扱うPwCや、オーストラリアの健康サプリメント会社Blackmores、ニュージーランドの酪農製品を扱うフォンテラと協力を予定。

さらに中国ウーチャン米プロジェクトのように、食品廃棄削減のためのブロックチェーン基盤追跡システムを強化するため、両国の郵便サービスとも協力をします。

その他にも、アリババはヘルスケア分野でブロックチェーンの潜在性を模索しており、治療データを安全に保管するため、中国東部常州(じょうしゅう)市と協力関係を築いています。

中国で広がるブロックチェーン・プロジェクト

アリババ以外の技術系企業も動きを見せており、テンセントは深圳(しんせん)市において、Fapiaoと呼ばれるブロックチェーン技術を用いた電子請求書システムを目的としたプロジェクトを試験的に開始。

メッセージアプリWeChatを使い、偽造防止や市民が送り状を追跡したりすることが可能になり、脱税防止の効果も期待されています。

4月上旬には中国最大の検索エンジンを提供する企業バイドゥが、ブロックチェーン技術を用いた写真ストレージサービスTotemを立ち上げ、写真家や、写真を有償で提供する企業などの著作権保護を目的に応用されています。

タイムスタンプによって記録された写真は、写真家のプロフィールにリンクされ、バイドゥのAIシステムで写真を読み取り、もし同じ写真がシステム上になければ、そのユーザーにのみ専有権が与えられます。

参考記事:Alibaba leads China’s drive to secure new blockchain technologies

CoinPostの関連記事

アリババ傘下アリペイ運営企業がブロックチェーンをビジネスの中核の一つと位置付ける
アリババグループの傘下でアリペイを運営するアントファイナンシャル社は、ブロックチェーン技術をビジネスの中核に据え、プラットフォームに導入する方針を強調。独自コンソーシアムチェーンの開発にも焦点を当てる。
アリババグループ傘下会社 、ブロックチェーンを使った国際送金に成功|香港フィリピン間の国際送金が3秒で完了
世界最大級のECサイト、アリババ傘下のAliPayが、ブロックチェーンを用いた「香港-フィリピン」間の国際送金をわずか3秒で完遂した。香港在住のフィリピン出稼ぎ労働者 約20万人の自国送金を手助けする。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア