最新版イーサリアム‘メトロポリスハードフォーク’25日(月)発表か?

最新版イーサリアム‘メトロポリスハードフォーク’25日(月)発表か?
メトロポリスのアップデートは二段階のハードフォーク経て完了
性能向上のために一段階目のByzantium、二段階目のConstantinopleが行われる。
イーサリアムのプラットフォームは様々な事業で採用される可能性がある
メトロポリスハードフォークで改善されたプラットフォームはより多くの応用方法がある。

イーサリアムファンデーションおよびイーサリアムコミュニティのオープンソース開発者は次週最新版メトロポリスハードフォーク(以下MHK)を発表するようです。

THNews社のJordan Daniell氏によると、MHKは二段階に分けて行われるそうで、一段階目のMHKは『Byzantium hard fork』と呼ばれ、イーサリアム内への不正な侵入などの問題を解決する役割を果たします。

早ければ9月18日にByzantiumハードフォークはイーサリアムテストネットのブロック番号1,700,000で稼働されます。

二段階目のMHKは『Constantinople』と呼ばれるものです。

過去のCointelegraph社のインタビューでイーサリアム共同設立者であるVitalik Buterin氏は、ネットワーク効率化の必要性を強調し、分散型アプリ(Dapps)および開発者のための安心かつ早く丈夫なインフラを実現するためにハードフォークの必要性を主張しました。

丈夫なプロトコルの必要性

過去12ヶ月にわたり、数十億規模の金融機関、Fortune500コングロマリット(世界大手企業500社)およびdapp開発者はEnterprise Ethereum Allianceなどの共同企業体を通しイーサリアムの採用をしています。

JPMorganMicrosoftIntelBBVAなどの企業は積極的にイーサリアムプロトコル上に事業自動化のアプリを開発中であり、さらに不変のブロックチェーンネットワーク『イーサリアム』を基盤に新しいインフラを開発中でもあります。

開発者がイーサリアムネットワークが近い将来開発される大規模なDapps(特に商用化され大規模なプラットフォームに実装されるように設計されているDapps)をサポートするためには、より丈夫なプロトコルを設計する必要があります。

以前Buterin氏は

応用方法はこちらです。国連世界食糧計画、アイデンティティ、サプライチェーン、マーケット予測、分散型のRedditやTwitter、メッシュネットワークなど。

現在、スケーラビリティ不足によりこれらの問題は棚上げされている状況にあります。

個人的に私は伝道する熱意を抑えています、なぜなら問題は興味をそそられるものではなく技術面であるからです。

と説明しました。

次週Byzantiumハードフォークがイーサリアムテストネットで試される予定ですが、もし実験が成功すればイーサリアムファンデーションおよび開発者にとって第二段階の統合はより円滑に実行できることになります。

メトロポリスハードフォークが完了すれば、Buterin氏が説明した分散型アプリの採用例は商業化され、より効率的なエコシステムでの実行が可能になるでしょう。

大きな一歩

今年4月のCointelegraph社のインタビューでButerin氏はイーサリアム中心部のプロトコルを改善し続けると言及しました。

さらに多くの企業や利用者が新しい採用例を開拓すれば、イーサリアムネットワークの柔軟性およびスケーラビリティを活用し大きなブロックチェーン採用は多種の産業で試されることでしょう。

Buterin氏は

複数の見方があると思います。まず私たちは技術開発や問題解決に力を注ぎます。すでにそれを行っている方がいるみたいですが、未だにスケーリング、匿名性、安全性など改善点は多いです。

これらの問題はプロトコル及びエコシステム全般の開発によって解決されます。それとは別に、より多くの事業がイーサリアム上で開発されることによって、多くの企業や利用者がイーサリアムの新しい採用を開拓できるよう、システムの拡張にも焦点を置いています。

と述べました。

一方、Coinbase社共同設立者のFred Ehrsam氏を含む多数の専門家は、もしイーサリアムが大きな分散型アプリと共に数百万の利用者を受け入れるとするならばスケーラビリティは大きな問題だと指摘します。

メトロポリスはイーサリアムネットワークのスケーリング効率化への大事な一歩になることでしょう。

First Iteration of Ethereum Metropolis Hard Fork to Appear Monday

2017年9月17日 By Joseph Young

参考記事はこちらから

CoinPost考察

イーサリアムは4回のアップデートを計画し、現在は3回目のアップデートMetropolisです。

アップデートすることによって、匿名性の向上、セキュリティ強化、ネットワークの安定性、PoSへ移行準備などが実行されます。

加熱するICOでネットワーク上の問題がありましたが、これらを解決するためにもアップデートし技術開発を進めていきます。

その先、多くの事業でイーサリアムプラットフォームが採用されるように期待されています。

そのようになるとイーサリアムの価値が上昇することも考えられるので、アップデートの進行状況には関心を向けていきたいです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加