仮想通貨ビットコイン『ジェネシス・ブロック』生誕10周年|英タイムズ紙でBitMEXが祝福

ビットコインの【ブロック0】誕生
日本時間2019/1/4/3:15、仮想通貨ビットコインの誕生から「10周年」を迎える。海外大手取引所BitMEXはこれを記念し、所縁のある英タイムズ紙一面広告に祝福のメッセージを寄せた。

ビットコインの【ブロック0】誕生

日本時間、2009年1月4日03:15、ビットコインの最初のブロック(ブロック0)が生成された。仮想通貨の誕生という歴史的な瞬間である。

それから10年の月日が流れ、平成最後の”ジェネシス・ブロック”のアニバーサリーが間もなく到来する。

ジェネシス・ブロックとは

ブロックチェーン上で初めて作られた「block0」のこと。2009年1月3日、「サトシ・ナカモト」を名乗る人物によって、最初のビットコインブロック「Genesis Block」が生成された。その後、同年1月12日にビットコイン世界初の取引がナカモト氏と最も重要なパートナー「Hal Finney」氏の間で記録された。このブロックによる報酬は、使用不可能の50BTC。

出典:blockchain.com

2008年に発生した史上最大級の金融危機「リーマン・ショック」をきっかけとした、「非中央集権」の元祖、仮想通貨ビットコインの誕生ブロックには、『英タイムズ紙:財務大臣 二度目の銀行救済措置の瀬戸際に』という、中央集権金融に向けたメッセージが克明に記録されている。

中央集権である主要国政府や金融機関への信用が最も揺らいだ時代背景もあり、ビットコインの”概念”ほど的を射たものはないとされる。

今回、この記念すべきビットコインの「生誕10周年」を祝うべく、BTCFXで絶大な人気を誇る海外の大手取引所「BitMEX」は、所縁のある英タイムズ紙一面広告にて、祝福のメッセージを掲載した。

サトシには借りが一つ出来たね。ありがとう。

ビットコインの”生誕10周年”おめでとう!

ビットコインのこれまでの統計データ

ビットコインの10年間の歴史を統計データで示すと、以下の通りだ。

  • ビットコインのブロック数:556,805(執筆時)
  • ビットコインのトランザクション数:≒4億回
  • ビットコインのマイニング難易度(Difficulty=1から):5,618,595,848,853

年々成長するBTC

ビットコインは、誰もが夢中になっていた2017年末に記録した「過去最高値」から暴落の一途をたどり、今や悲観に暮れる投資家も少なくない。そのような状況にある中、とあるホルダーはこう言った。

「年初来高値」でなく「年初来安値」で比較すると、$0から$3200まで年々成長しているじゃないか。

10周年の節目を迎えるビットコインだが、このような着実な進歩の過程と共に、革命的技術と期待されながら、未だ初期段階にあると思しき「ブロックチェーン技術の発展」からも目が離せない。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場「過去の相場分岐点」まとめ 専門家は2019年のビットコインをどう見る?
2018年も残りわずかだが、この記事では過去の価格パターン、現在の市場状況、また仮想通貨界有識者の意見から2019年のビットコイン価格がどうなるかを予想していく。
リーマンショックから10年、ビットコインを絡めた金融の新時代へ
リーマンショック以来10年間、株式市場への投資は減少傾向にあり、期待値が高まる仮想通貨市場は、完全に伝統金融市場と衝突するのではなく、既存の枠組みに適応しつつその力を伸ばしていく時期にある。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら