米仮想通貨投資企業、新たに仮想通貨ステラ(XLM)をポートフォリオに追加

グレースケール・インベストメント、新たにステラをポートフォリオに追加
米国ニューヨークに拠点を置くデジタル・カレンシー・グループ社の子会社グレースケール・インベストメントが、新たにステラをポートフォリオに日本時間で18日早朝に追加した。グレースケール社への更なる個人投資家の資金流入が見込まれる。

グレースケール・インベストメント、新通貨をポートフォリオに追加

米国ニューヨークに拠点を置くデジタル・カレンシー・グループ社の子会社グレースケール・インベストメント社が、新たにステラをポートフォリオに日本時間で18日早朝に追加した、と発表した。

グレースケール・インベストメントは、米仮想通貨投資企業であり、流入している資産のうち、70%はヘッジファンドや年金ファンド、米国の名門大学の財団など機関投資家のものである。

今回追加された、ステラはリップルをベースとして開発されており、リップルと同じように国境を超えた送金や決済を可能にすることを目指している。しかしリップルと反して、ステラは基本的に個人向けで点で、リップルの競合として認識されている。

現在、グレースケール社が提供する仮想通貨は以下である。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ステラ(XLM)

今回のステラの追加により、グレースケール社への更なる個人投資家の資金流入が見込まれるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米仮想通貨投資会社グレースケール:弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達
2018年の仮想通貨価格が低迷を続ける中、グレースケールの資金調達額が前年同期比13倍の370億円を記録した。調査書では機関投資家の動きなどから、強気市場へ転じるサインとしている。
米仮想通貨取引所Coinbase、XRP(リップル)やステラ等27通貨の上場を検討;他4通貨の上場が決定
米大手仮想通貨取引所CoinbaseはXRPやステラなど27通貨の上場に関する調査、検討を行なっており、その他4つのERC20通貨を上場させたと発表した。全体相場が下落する中、この大型発表は今後景気を与えられるかに注目。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら