仮想通貨取引所バイナンスの「ローンチ・パッド」上で開催予定、TRON子会社BitTorrentのトークンセール詳細が公開

BitTorrentのBTTトークンのローンチが決定
仮想通貨プロジェクトトロン財団の子会社BitTorrentが本日、独自のBTTトークン発行・販売に関する詳細内容を正式に発表した。BNBトークンとTRXで購入することが可能。

BitTorrentのBTTトークン、ローンチ

仮想通貨プロジェクトトロン(Tron、TRX)の子会社である人気データシェアプラットフォームBitTorrentが本日、独自のBTTトークン発行・販売に関する詳細内容を正式に発表した。

BTTのトークンセールに関する主な詳細はこちら。

  • トークン名:BTT
  • 総トークン発行数:990,000,000,000BTT
  • ローンチパッドにおける販売数:59,400,000,000 BTT
  • トークンセールのセッション別:BNB(23,760,000,000 BTT)、TRX (35,640,000,000 BTT)
  • 参加したいユーザーは、最高レベルの口座認証の完成が必要

なお、今回のトークンセールにおいて、日本は「購入禁止の対象国」に入っていない。

世界No.1取引高のバイナンスは1月3日に、独自トークンセールプラットフォーム『ローンチパッド』を再開し、2019年の一月から毎月1つのICOプロジェクトを開始する予定としている。

今回BitTorrentのトークンセールは、1月28日より開始し、BNBトークンとTRXで購入することが可能となる。

また、バイナンスと提携しているTrustウォレットの発表によると、TRXを保有しているユーザーには、BTTトークンのエアドロップが自動的に行われる。

BTTトークンがトロンのメインネットを使った規格TRC-10トークンであり、1月4日にローンチパッドでのトークンセール予定の発表が行われた時、TRXは弱気相場に逆行し、連日右上がりに上昇していた。

出典:Coinmarketcap

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスが新設した英取引所の「口座開設」に圧倒的需要|ビットコイン弱気相場も欧州仮想市場に大きな可能性
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス代表CZ氏は「新設した英仮想通貨取引所の登録需要に圧倒されている」と述べた。全大陸進出を目指すバイナンスは、”ブレグジット”で揺れる英国を中心に、ビットコインなどの市場拡大を加速させる考えだ。
バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック