仮想通貨EOSのメインネット「EOSIO」に260以上のdAppsが存在|選ばれる4つの要素とは

Block.one社は開発者や企業がEOSブロックチェーンを好む理由を4つ挙げた。
昨年の6月にメインネットに移行した仮想通貨EOSのブロックチェーンではすでに260以上のdAppsが開発されていることが公式ブログによって明らかになった。多くの企業や開発者がEOSを選ぶ理由として、スピード・コスト・持続性・スケーラビリティとの4点があげられている。

EOSブロックチェーンのメリットとは

およそ7ヶ月前にblock.one社により公開されたEOSIOブロックチェーンでは、既に260以上の分散型プロジェクトが開発されている。

そして、EOSIO基盤のプロジェクトはヘルスケア、ソーシャルネットワーク、決済、マーケットプレイス、ゲームとありとあらゆるカテゴリーに及ぶという。

出典:EOSIO

なぜこのように多くのdAppsがこのブロックチェーン上で構築されているのか、そしてなぜ他のブロックチェーンで作られたdAppsはEOSIOに移行されているのかについて、仮想通貨EOSおよびブロックチェーンEOSIOの開発企業block.oneは公式ブログ にて、「開発者と企業がEOSIOのブロックチェーンに興味を示す4つの理由」をあげている。

公式ブログによると、そこには4つの主な要素がある=スピード・コスト・持続性・スケーラビリティ。スマートコントラクト提供プラットフォームであるBuddy社のCEOを務めるSimon Szczepankowski氏はEOSIOの処理能力の速さやコストと確認時間の最小限化の実現を評価した上で、EOSIOを次世代のブロックチェーンと称した模様だ。

スケーラビリティ

ブロックチェーンシステムは拡張性が十分でないと、一秒に数千ものトランザクション処理が必要なビジネスニーズに対応することが難しいとされている。

EOSIOは一秒に4000以上の処理が可能であり、競合のブロックチェーンに200倍もの差をつけている。プライベートネットワークであれば、最新のソフトウェアにアップデートすれば、さらにスピードを上げることが可能だという。

dAppsでも人気なブロックチェーンであるイーサリアムでは1秒あたり25回、トロンの場合は約2000回。

スピード

EOSIOのアプリケーションは他のブロックチェーンプラットフォームと比較すると、レイテンシ率(待機時間)が低く、これによりブロックチェーンを基盤としない通常サービスと同じように機能することが可能となっている。

この性能に関して、ゲームネットワーク会社Azarusの創設者Alex Casassovici氏は、「EOSIOにより、ユーザーはブロックチェーンを使ってお互いにやり取りしているとは感じずに遊ぶことができている」と述べている。

最新バージョンであるEOSIO v1.6は先週から実施し始め、EOSIOによると「ベンチマークテストの結果、35%も処理スピードが改良した」とされ、さらなる優良のパフォーマンスとスピードを提供できるという。

出典:eosio

低価格

ブロックチェーンネットワークでは送金手数料がかからないため、EOSIOのアプリケーションはただで利用できる。これによりユーザーは初代のブロックチェーンで支払っていた手数料を払わなくて済むようになる。

開発者にとっても、EOSIOネットワークを利用することにより「従来のサーバー維持費」のようなコストだけがかかる。

環境に優しい(持続性)

ブロックチェーンはよく環境への負荷に関して批判にさらされる。例えばビットコインはマイニングをするのに、シンガポールあるいはポルトガル国民全員が使う量以上のエネルギーを必要としていることを公式ブログで掲載している。

EOSブロックチェーンはプルーフオブワーク(PoW)の代わりに代表プルーフオブステーク(DPoS)を採用している。GenereosというSocial Enterprise EOS Block Producer Candidate(EOSのブロック作成者)の統計によると、EOSIOは、ビットコインよりも66,000倍、そしてイーサリアムよりも17,000倍もエネルギー効率がよいとされている。

DPoSとは

EOSの承認方式は、DPoSと呼ばれる。

これは、仮想通貨EOSの保有者の中で投票によって承認者を選出したうえで報酬を与えるもので、PoWやPoSと比較しても、作業量や通貨の保有量に左右されないというバランスのとれたコンセンサスと言われている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ダボス会議:仮想通貨・ビットコイン、フィンテックに関する重要発言まとめ|世界経済フォーラム年次総会
今月22日から25日の間、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)がスイスのダボスで開催された。同カンファレンスにおける、仮想通貨、フィンテック関係の重要発言をまとめた。
仮想通貨STOプラットフォームPolymath、900万ドル(現供給量の25%)相当のロックアップを発表
セキュリティトークンプラットフォームのPolymathは、およそ900万ドル(約9.9億円)相当にあたる7500万POLYのロックアップを発表した。対象トークン数は現供給量の25%にも及び、ロックアップ期間は2024年1月までの5年間となる。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら