イーサリアム創業者ヴィタリック氏が自身の保有仮想通貨を公開・現ビットコイン相場に関する専門家の意見は?

仮想通貨市況

●BTCに米ドル4000ドルの壁

●Binance DEX本日公開を控えBNBが高騰

●有力経済紙が報じた現BTC相場の見解と重要ライン

●ヴィタリック氏が保有通貨を公開

仮想通貨市況

仮想通貨市場は20日、ビットコインが2日間続く上昇相場の流れを維持し、大きく反落することなく高値水準を保っている。bitFlyer建では一時44万円(19日21時)を上回り、20日7時時点では43.5万円の前日比1.8%高で推移している。

ただ、米ドル建ての重要ライン4000ドルに差し掛かるタイミングとなっており、同ラインが現在の主要レジスタンスラインになっている。

1年続いた弱気相場の影響で下落率が顕著になったことから、淘汰が明確に意識され始めた現状、時価総額の低い通貨への買いは未だ弱い状況にあるものの、時価総額20位あたりを超える主要銘柄にはビットコインの上昇率を上回る通貨も目立ち始め、全面高を記録している。

時価総額上位で前日比10%高を超える価格まで高騰しているBNBは、先日CoinPostでも報道した、本日20日に待望の独自チェーン「Binance Chain」と分散型取引所「Binance DEX」のローンチを控えていることが価格に影響した。

Binanceの実力から、同社が提供する分散化された取引所の提供は、仮想通貨市場全体に影響を与える可能性も大きく、バイナンストークン(BNB)の新たなユースケースになる点にも大きな注目が集まっている。なお、日本時間20日未明に、公開まで24時間を切ったことを発表している。

ビットコイン

28日より堅調に推移するビットコインだが、現状で注意したい点として、短期間で急騰したことで上昇した「RSI」が、bitFlyer4時間足で、過熱感を示す80%を大きく超え、昨年8月来の90%に到達した事が挙げられる。

短期的に見ると、一時的に調整が行われる可能性は十分にあり、過熱感の落ち着きを見て再度上値を試す動きをみせるか、一時的に下落に転じるか、今後の動きには注意したい。

RSIとは

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では、一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎと言われてる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

より詳しい内容は昨夜に公開した仮想通貨市況からご覧になれます。

ビットコインは週足MACDゴールデンクロス、急騰したリップルには海外勢の高い関心|仮想通貨市況
高騰中の仮想通貨ビットコインの好材料と指標を分析。急騰したリップル(XRP)では、SBI北尾氏インタビューに海外勢の関心も。また、米大手投資コンサルが機関投資家の市場参入に言及した。

では、海外の専門家や経済紙はどのように見ているかを見ていく。

Bloomberg紙

今回のビットコイン高騰を報じたBloomberg紙は、高騰の要因として、JPモルガンが発表した独自仮想通貨「JPMコイン」の発行を挙げた。

「JPMコイン」は、一般利用される仮想通貨ではなく、度々ビットコインやXRPなど、既存の通貨と比較した違いが議論の対象になったものではあるが、これまでCEOのデイモン氏が仮想通貨に懐疑的な姿勢(ビットコインは詐欺などの発言)をとっていた事を踏まえ、分散型技術を用いた通貨の発行が、業界の後押しになったと見ているようだ。

eToroのアナリストMati Greenspanの言葉を引用し、JPMコインが、デジタル通貨ではなく、分散型技術を用いた”仮想通貨”と掲載されたことが、重要である点を強調している。

また、Bloombergが用いるGTI VERA Convergence Divergence指標が2ヶ月ぶりにプラスに転じたことに言及している。

GTI VERA Convergence Divergenceは、トレンドの転換点を特定する際に用いられる指標で、Volatility Explosion Relatively Adjusted theoryという理論に基づいて、移動平均線を基準として計算されたテクニカル指標MACD(移動平均収束拡散手法)によって算出されている。

昨日、CoinPostでもトレンド系のテクニカル指標「MACD」が、上位足の週足でゴールデンクロスしたことを報じているが、他のトレンド転換指標上でも、昨年の下落以降初めてとなる転換ポイントを示していることが明らかになった。

英Independent紙

英Independentも、ビットコインの上昇について、報じた有力経済紙の一社だ。

Independent紙はアナリストの言葉を引用し、まだ弱気相場を脱却したとみるのは時期尚早だと見ているようだ。

仮想通貨界隈からのポジティブなセンチメントが広がっていることで、仮想通貨市場の時価総額は24時間でおよそ80億ドル(8800億ドル)も上昇し、昨年4月以来となる360億ドルに到達した。

しかしビットコイン価格が心理的な重要ラインである5000ドルを超えない限り、まだ弱気相場は続きそうだ。

と5000ドルのラインが、今後のトレンド転換ポイントになり得ると言及した。

なお、現在のビットコイン価格は3900ドル付近で推移しているため、5000ドル到達までには、米ドル建てで1100ドル、日本円建てで約12万円の上昇が必要となる。

イーサリアム創業者ヴィタリック氏の保有仮想通貨資産が明らかに

イーサリアムの創業者として、仮想通貨業界では知らない人がいないヴィタリック氏だが、reddit上で行われたAMAイベントにて、イーサリアムの開発へのコミットだけではなく、投資においてもイーサリアムネットワークに貢献している点を強調した。

イーサリアムの考案者としてイーサリアムを大量に保有しているとしたブテリン氏だが、今回明らかにしたイーサリアム以外の保有銘柄は以下の通りである。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • カイバーネットワーク(KNC)
  • オミセゴー(OMG)
  • メイカー(MKR)
  • オーガ(REP)

上記の通貨の総比率は、ブテリン氏のETH保有量の10%以下であるとされている。要するに90%はイーサリアムで保有しており、イーサリアムネットワークへの貢献を強調した格好だ。

またそのほかにもClearmatics社とStarkware社の株式も保有していると説明し、いずれもブロックチェーンの関連企業である。

多くのイーサリアムを保有しているとされるブテリン氏はだが、過去にETH保有量は全流通量の0.9%を超えたことがない点をツイッター上で説明している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら