ソフトバンク、ブロックチェーンを利用した国際モバイル決済の実地試験に成功|台湾の通信事業者と共同実施

ソフトバンクがブロックチェーン利用の国際モバイル決済の実地試験に成功
22日、ブロックチェーン技術開発を手がける米TBCASoftが、同社のブロックチェーンプラットフォーム上で、台湾の通信事業者Far EasToneとソフトバンクがモバイル決済の実地試験に成功したことを公表。台湾と日本、それぞれの国内で実施された。

ソフトバンクがブロックチェーン利用の国際モバイル決済の実地試験に成功

今月の22日、ブロックチェーン技術開発を手がける米TBCASoftが、同社のブロックチェーンプラットフォーム上で、台湾の通信事業者Far EasToneと通信大手ソフトバンクがモバイル決済の実地実験に成功したことをプレスリリースで公表した。

今回の実地試験に関わっている企業は、それぞれ、次世代のブロックチェーンプラットフォームとエコシステムの構築を目的としたコンソーシアム「The Carrier Blockchain Study Group(CBSG)」に加入している。

なお、同コンソーシアムには、台湾拠点のAsia Pacific Telecom(APT)やUAE拠点のdu、南アフリカ拠点のMTNが新たに加入。世界中の通信事業者が参加するコンソーシアムとなっている。

今回の実地試験で利用されたTBCASoftのブロックチェーンプラットフォームは「Cross-Carrier Payment System(CCPS)」とよばれるもので、クロスキャリアかつクロスボーダーなモバイル決済を可能にする。

ソフトバンクのモバイルユーザーがFar EasToneのネットワークを利用して台湾国内の小売店でモバイルウォレットで商品を購入。また、Far EasToneのユーザーは、ソフトバンクのネットワークを利用して日本国内で商品を購入。ブロックチェーンを利用した国際間でのクロスキャリアな決済に成功した格好となった。

そして、その決済には、以下の特徴があるとする。

  • それぞれのキャリアを通じた、ユーザーの自国通貨での利便性のある決済手段「キャリアビリング」(携帯電話などの電気通信事業者が、通話料と併せてコンテンツの利用料や課金などを徴収するサービス)
  • 海外での決済にかかるクレジットカード手数料の回避
  • CCPSとリンクした、OTTペイメントアダプター

今回の実験に参加した二社は、ハイレベルな決済サービスのビジネスモデルと将来の商業試験の評価について協議を重ねていくとしている。

ソフトバンクはTBCASoftに出資

また同日のTBCASoftのプレスリリース では、同社が資金調達のAラウンドを完了したことを公表。

出資をした企業にはソフトバンクも含まれている。

その他には、今回の実地試験を行なったFar EasToneに、同じく台湾に拠点を置く電子機器受託生産(EMS)では世界最大手であるFoxconnも出資をしている。

なお、出資額については公表はされていない。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPostの関連記事

ソフトバンク投資ファンド、保有していた「米エヌビディア」株を全売却|仮想通貨ビットコイン暴落に伴うマイニング事業縮小の余波も
世界有数の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、保有していた米エヌビディアの株価低迷を受け売却した。中国経済減速のほか、ビットコインなど仮想通貨市場の大幅下落が影響を及ぼしたものと思われる。
ソフトバンクとBaidu等が元グーグル社員の立ち上げる仮想通貨スタートアップへ300万ドル出資
CoinDeskとの独占インタビューで、元グーグルの社員が主導するチームで立ち上げたAtlas Protocolというスタートアップは、パブリック・ブロックチェーンでデータを活用するプロジェクトで、ソフトバンク所有の中国ベンチャーキャピタル専門会社SBIVCと中国インターネット最大手Baidu(バイドゥ)のベンチャー投資会社BVなどから300万ドルの開業資金調達を完了したという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら