【速報】22秒で完売したバイナンス関連ICO銘柄「Fetch.AI(FET)」、仮想通貨取引所Binanceに上場

FETがバイナンスに上場
大手仮想通貨取引所Binanceは、Fetch.AI(FET)が同プラットフォームに上場することを、公式ブログで公表した。前回ICO価格から大きく高騰したビットトレントに続く上場ということもあり、上場後の価格に注目が集まる。取引開始は2月28日10時(UTC)。

Fetch.AI(FET)がバイナンスに上場

大手仮想通貨取引所Binanceは、Fetch.AI(FET)が同プラットフォームに上場することを、Binanceの公式ブログにて明らかとした。2月28日10時(日時は協定世界時(UTC)に準拠)より、取引が開始される。

なお、上場費は無料で、トークンの事前購入分はすでに完売している。

FETの取引ペアは以下3種類となる。

  • FET/BNB
  • FET/BTC
  • FET/USDT

Fetch.AIプロジェクトは、機械学習、人工知能(AI)、マルチエージェントシステム、ブロックチェーンなどの技術を利用し、データやハードウェア、サービス、人、インフラなど、あらゆるもののネットワークを効率的につなぎ合わせることで、「経済的インターネット」を築き上げることを目標としている。

トークンセールが22秒で完売

仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォーム「Binance Launchpad」上で、2回目となる仮想通貨「FET」のトークンセールが開催された。(1回目はビットトレント)

同トークンセールは、日本時間2月25日23時より開始されたが、開始時刻からユーザーが殺到したと公式側は説明している。

24000人が事前申し込みを行い19,860人が買い注文を行なったが、実際に購入できた人数は2758だった。

購入上限として3000ドル(約33万円)が指定される中で、売上額で約7億円を計上したことは、その注目度を表しており、前回ICO価格から10倍まで高騰したビットトレントに続き、上場後の価格推移に注目が集まる。

バイナンスのCEOであるCZ氏はトークンセール開始から約22秒で完了したと圧倒的なスピードでトークンセールが完了したことを報告している。

(セールは)およそ22秒で完了した。…キューは数秒で詰まる状態となっていた。

大変人気を博しているFETの上場が決定したことで、同プロジェクトへの世間の注目はさらに高まるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスの仮想通貨ICOが22秒で完売|圧倒的需要の理由は?
バイナンスが25日、独自のICOプラットフォーム「バイナンス・ローンチパッド」で2度目のトークンセールを行い、開始から約20秒で完売したことが判明した。 なぜバイナンスICOの需要が拡大しているのか?その理由を探る。
【速報】仮想通貨取引所バイナンス、独自チェーンとDEXのテストネットを正式ローンチ BNBの高騰を後押しか
仮想通貨取引所バイナンスが、独自のブロックチェーン「Binance Chain」と、分散型取引所「Binance DEX」のパブリック・テストネット開始を正式に発表。すでにウォレット作成が可能となる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら