CoinPostで今最も読まれています

米財務省が露銀行への制裁措置を発表、「仮想通貨ペトロ」への資金調達支援を問題視

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米財務省、仮想通貨ペトロに関する露銀行に制裁措置
米財務省が、経済制裁を行う南米ベネズエラの仮想通貨ペトロに資金調達支援を行なったとして、モスクワの銀行を「経済制裁対象」に加えると発表した。投資家からのベネズエラ政府口座への資金受け入れを担っていたという。

米財務省、仮想通貨ペトロに関する露銀行に制裁措置

マドゥロ大統領の「2期目」就任の正当性をめぐり、政治ならびに社会情勢の混乱が続く南米のベネズエラだが、同国政府発行の仮想通貨Petro(ペトロ)も、昨年2月の誕生以来、米トランプ大統領令により米国内での取引を禁じられるなど、国際政治の狭間で混沌とした運命をたどっているように見受けられる。

アメリカ財務省は11日、「ペトロへの資金調達を支援する(最も重要な)国際的金融機関」であるとして、ロシアの首都モスクワに本拠を置くEvrofinance Mosnarbank(以下Evrofinance 銀行と表記)を「経済制裁の対象リスト」に加えることについて発表した。

この声明では、Steven T. Mnuchin財務長官の「正当性のないマドゥロ政権は、ベネズエラの人々の苦しみから利益を得てきた」との発言を引用することで、アメリカ並びヨーロッパの主要銀行が、ベネズエラ政府との関係を絶つ中、同政府との関係を継続し、2018年にその純資産を50%以上増加させた「Evrofinance銀行」を非難する形をとっている。

米国大統領令に則った経済制裁対象には、ベネズエラの国営石油企業PdVSAに対し、「財政的、物質的、または技術的支援、あるいはそれらを支援する財またはサービスを実質的に支援、後援、または提供した外国の金融機関」が含まれるとされている。

この声明によると、Evrofinance銀行は、ロシアとベネズエラの石油ならびにインフラを対象とした共同プロジェクトに資金を提供するための二国間銀行として設立されたもので、設立当時は、ベネズエラでは前チャベス政権が国有開発基金(FONDEN)を通じて49%を所有している。

また、ロシアは国有企業Gazpromが株主であるGazprombankと、国有銀行VTB Bankがそれぞれ25%ずつを所有していたという。GazprombankとVTB Bankは、すでに2014年の時点で、米財務省の「経済制裁対象リスト」に加えられている。

ベネズエラのマドゥロ政権にさらなる打撃か

米財務省は声明で、「マドゥロ政権は、仮想通貨ペトロを発行することで米国の経済制裁を回避しようと目論んでいた」と指摘しているが、その際、投資家からのベネズエラ政府口座への資金受け入れをEvrofinance銀行が担っていたという。

1月23日、ベネズエラ野党指導者であるグアイド国会議長が、マドゥロ大統領に代わり、自ら暫定大統領に就任すると宣言したことを受け、同日にはアメリカのトランプ大統領が、続いてカナダやブラジル、コロンビアの各政府もグアイド氏を暫定大統領に承認すると発表した。

2月には、英仏独をはじめ、スペインもグアイド氏の暫定大統領承認を表明している。そのような状況にある中、国際政治の舞台で孤立化を深めるマドゥロ政権は、ますますロシアへの依存を深めるのではないかと米財務省は指摘している。 

今回、ロシアの銀行の経済制裁リスト追加により、マドゥロ政権は、さらなる打撃を受けることになると思われる。

世界初となった政府発行の仮想通貨ペトロの波乱の運命はますます深まるように思われるが、この事実が示唆するのは、国家発行の通貨(現行の法定通貨であれ、仮想通貨であれ)は、国際政治の駆け引きからは容易には逃れられないということではないだろうか。

あらためて、発行主体を持たないビットコインに代表される仮想通貨の「社会的価値」を見直す時がきているのかもしれない。

CoinPostの関連記事

ベネズエラでビットコイン取引量が過去最高を記録|政府発行仮想通貨ペトロの現状や規制の動向から考察する背景
ハイパーインフレなど混迷を極める経済状況に置かれるベネズエラは、政府発行の仮想通貨ペトロの現状や強硬的な仮想通貨業界の規制枠組み法案の施行など、仮想通貨を取り巻く環境においても混乱が伺える。
ロシア政府、仮想通貨の規制の策定期限を7月に定める|ビットコイン市場における重要指標に
ロシア連邦のプーチン大統領が連邦議会に対し、7月1日までに仮想通貨に関する法案を提出するよう期限を設けていたことがわかった。大国ロシアが仮想通貨にどのような姿勢を取るのか、注目が集まる。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧