ビットコイン価格の今後の展望、「Exchange Volume」が昨年4月以来の高水準に|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●英仮想通貨データプラットフォームが公開した半年後のBTC価格オッズに市場の関心

●仮想通貨ステラ(XLM)が逆行高を見せた理由

金融市場と仮想通貨

2019年3月17日(火)の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
3/11(水) 25,554ドル(-96) 21,290円(-213) 42.9万円
3/12(木) 25,720ドル(+148) 21,456円(-140) 43.0万円
3/13(金) 25,473ドル(-200) 21,287円(-169) 43.0万円
3/16(月) 25,848ドル(+138.93) 21,584円(+133.65) 44.1万円
3/17(火) 25,914ドル(+65.23) 21,566円(-17.65) 44.0万円

本日の東京株式市場は、3営業日ぶりの反落。

3月期末の配当目当ての買いが集まったが、利確売りに押された格好だ。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

ビットコインは、4,000ドルの攻防にあるが、前回高値を超えることなく、ダブルトップを付けて反落。上昇チャネル上限に阻まれる形(下図)で、一旦調整局面にある。

bitFlyerのBTC価格におけるレンジ(37〜46万円)上限付近での推移と見ることもできる。

直近1ヶ月で形成したチャートは、年末年始の値動きと相似性もあり(下図、赤丸付近:大底から急反発→急反落)、2番天井から同じ末路を辿るのであれば、再びレンジ下限の3300ドル(36.7万円)までの下落が起こる可能性も考えられる。

ただ、前回と異なり、今春に向けてファンダの後押しも期待しやすい環境下にはある。このシナリオを否定して、平行チャネルの底割れを見せずに、Fib23.6をサポートにチェックした状態で上昇継続パターンとなるのかは、注目に値すると言えるだろう。

いずれにせよ、少なくともトレンドが明確に出るまでは、ビットコイン単体で見るよりも、この先に控える各種材料や先行指標となりがちなイーサリアム(ETH)の値動きなどもチェックしつつ、市況を追って行くことが求められる。

仮想通貨ステラ(XLM)が5%の逆行高

本日、特に注目すべきニュースは、世界有数の大手IT企業であるIBMが、正式に独自のブロックチェーン送金ネットワーク「World Wire」を開始したことだろう。

IBMは、以前からハイパーレジャーやステラネットワークを活用してブロックチェーン事業を展開していたが、今回47の通貨を72カ国以上に46のエンドポイントで送金を可能にするシステムのローンチを発表した。

IBMの送金ネットワークに関する詳細はこちらから

米IBM、仮想通貨ステラやステーブルコイン活用した新たな送金サービスを開始│既に6つの銀行が加盟表明
世界的な大手IT企業IBM社は18日、ブロックチェーン技術を活用した新たな送金ネットワークサービス「World Wire」が開始したことを発表した。

銀行や送金企業を対象に展開する新サービスの競合には、米リップル社などが挙げられるが、IBM社は単一の仮想通貨XRPを採用するリップル社と違い、複数の仮想通貨を「ブリッジ通貨」として活用する意向を示している。

今回、その中に含まれる代表的な仮想通貨ステラ(XLM)が、アルトコイン全体が軟調に推移する中、発表前後の日本時間19日未明ごろから一時+10%ほどの逆行高を記録した。

出典:CoinMarketCap

なお、仮想通貨ステラの主要開発者で、ステラ財団の元CEO Jed McCaleb氏は先週(米時間15日)、元MozillaのCOO Denelle Dixon氏にCEOの座を譲り、「チーフアーキテクト」に就任することを発表していた。

仮想通貨アナリスト、BTC価格10,000ドルの再来期を予想

英仮想通貨データプラットフォーム「skew」が、ビットコイン価格の予想オッズを公表した。

オッズによれば、半年後の9月時点で、BTC価格が「1万ドル(約110万円)」を突破する確率は、4.6%であると予測。6,000ドル(約66万円)を超える確率は20%としている。

2018年のビットコイン価格は、中・長期で複数回に渡って6,000ドルをサポート。大幅に反発を見せるなど、最重要な心理的なラインとして見られていた。仮に9月までに6,000ドルまで復帰できた場合、投資家心理は大幅に改善するものと考えられる。

現在のビットコイン価格は、4,000ドル付近で推移している。

仮想通貨データ情報サイトCryptoMetricsによると、ビットコイン(BTC)の取引量(Exchange Volume)は、2018年4月以来の高水準にあることが分かる。

出典:CoinMetrics

注目すべきは、昨年夏頃に底を付けて以降、昨年11月に仮想通貨市場が大暴落して以降も、ビットコイン取引量が増加の一途をたどっている傾向だ。2017年10月からの急上昇にも見て取れるように、取引量の急増にBTC価格が追従すれば、「トレンド転換」を示唆する一つのシグナルとなるかも知れない。

CoinPostの関連記事

ビットコイン上方ブレイクも揉み合う展開、「中国マネー」の再流入が観測される|仮想通貨市況
仮想通貨禁止政策をかい潜り、前日比1.65億ドル、中国マネーが再びビットコイン市場流入か?米ウォール街出身トレーダー集団「Rhythm Academy」、BTC2万ドルを超えの時期を考察。
金商法改正案で仮想通貨取引所に「大きな試練」、ビットコインFXなど証拠金取引の規制強化へ
金融庁は、仮想通貨ビットコインなどの証拠金取引に対して金商法改正案で厳格に規制し、「第二の登録」を義務付ける方針だ。21年9月末までに未登録の仮想通貨交換業者(みなし業者)は、”事実上の廃業勧告”となり得る。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら