ビットコイン急騰に大口クジラの影 複数の著名専門家が仮想通貨市場を分析

ビットコイン急騰を複数の専門家が分析
BTC急騰に、多くの専門家から複数の分析内容が公開、高い期待感が示された。当時の取引状況を分析した内容では、大口投資家が20000BTCを購入した状況などが指摘された。

ビットコイン急騰を複数の専門家が分析

ビットコイン市場の「長い冬が終わる」金融コンサル企業CEOのNigel Green氏が語った。ビットコインの価格上昇に多くの専門家から高い期待感と複数の分析が公開されている。

仮想通貨市場は4月2日に突発的な価格急騰を記録し、年初来高値となる50万円台を突破すると一時58.5万円(bitFlyerBTCJPY)まで続伸、前日比で20%高を超える上昇率を記録した。

短期的に急騰したことで、オシレーターは過熱感も示しているなど、相場の押し戻しが懸念されていたが、一夜明けた3日も50万円台の価格を維持し午前8時時点では53万円後半で推移している。

ビットコインの上昇を受けアルトコイン市場も全面高を記録、好調な推移を受けてか昨年末より下落率が高い通貨への買い戻しが強く確認されている。主要銘柄では昨年末にハッシュ戦争などの理由で大きく下落したビットコインキャッシュが前日比36%高まで続伸した。

ソーシャル投資プラットフォームeToroのシニアアナリストであるMati Greenspan氏も、これまで堅調な推移が見られていたアルトコイン市場ではなく、今回の仮想通貨市場の上昇では、ビットコインが相場を主動したと発言している。

大口投資家が20000BTCを移動

機関投資家向けにサービスを展開する英仮想通貨投資ファンドBCBグループのCEOであるOliver von Landsberg-Sadie氏はビットコインの急騰時、大口のビットコイン投資家が主要な仮想通貨取引所コインベース、クラーケン、そしてビットスタンプなどに総額約1億ドル(約111億円)相当となる20000BTCが取引されていたと、大手メディアロイターの取材で語った。

また、この取引はアルゴリズムで管理された取引が行われていたことが確認されているという。上述の取引所の出来高を見るとそれぞれの取引所にて一斉に同調した形で7000BTCが1時間以内取引されていたようだ。

アルゴリズム取引が上昇を後押し

また大口の動きに反応したとする見解を示す専門家は彼だけではない。大手仮想通貨情報サイトCryptoCompareの創設者であるCharlie Hayter氏も、この大口取引が買い注文の殺到を引きおこしたと考える人物のうちの一人だ。

Hayter氏は、大口の注文が、BOT取引を惹きつける傾向がこれまでにも見られており、今回ビットコインが急騰した時には、1時間で600万もの取引が確認されていたことをデータを通して確認したことを明かした。これは通常のアジア圏の取引所における3、4倍の値で、高い出来高が見られたという。

ビットコイン、次のターゲットは66万円ライン

今後のビットコインのターゲット価格に言及する専門家もいる。

その一人で、著名投資家で仮想通貨投資ファンドBKCMのCEOであるブライアン・ケリー氏は、海外メディアCNBCの経済番組に出演し、ビットコイン相場の現状とターゲット価格を語った。

市場心理(センチメント)は確実に動いている。

ファンダメンタルズ、テクニカル分析、(BKCM社の)定量分析などの全ての指標が少なくとも(ビットコイン)価格の底打ちが始まっていることを示している。

次のターゲットは6000ドル(約66万8000円)だろう。また現状のデータを基にすると、6500ドルから6800ドル(72万〜75蔓延)付近までは過大評価とは言えないと思う。

仮想通貨への投資および資産運用を行なっているケリー氏のBKCM社が独自の定量分析などを理由にビットコインの今後の上昇に期待感を示した。

またケリー氏は機関投資家から関心が昨日の上昇の背景にあると踏んでいる。

富裕層やファミリーオフィスなど大量の資金を有する層からも(仮想通貨に対する)関心が高まっている。

既に独自のカストディサービス提供を開始している証券ブローカー企業も現れているため、水面下での動きは確かに進んでいると言えるだろう。

具体的な理由は定かではないものの、ケリー氏はビットコイン相場が底打ちを始めていて機関投資家の参入が後押しになると自身の見解をまとめていた。

ディーヴァーCEO、次ターゲットは7000ドル

また世界的な金融コンサルティング企業のディーヴァー・グループ社CEOであるNigel Green氏もビットコインの次点のターゲット価格を分析し、英国メディアIndependentの取材で語った。

仮想通貨市場は底打ちして仮想通貨の冬は終わりを迎えた。

ビットコインはい今後数週間から数ヶ月をかけて徐々に価格を上げていくと考えられる。

合理的に考えて、数ヶ月以内にビットコイン価格が7000ドル(約77万9000円)に到達すると思う

ビットコインの200日移動平均線

また著名投資家のトム・リー氏も今回のビットコイン上昇を前向きに捉え、BTC価格が200日移動平均線を突破したことを高く評価した。

ビットコインが200日移動平均線を超えたことは前向きな進展だ。

多くの投資家はBTC価格が200日移動平均線を上回ることをビットコインのポジティブなトレンドの兆しと見ている。

またこれまでの傾向として、ビットコイン価格は200日移動平均線を上回っている時の「Win-ratio(勝率)」が80%である一方で、200日移動平均線を下回ってる時の36%よりはるかに高い。

またリー氏が運営する投資ファンドFundstrat社が過去チャートを基にデータを算出したところ、ビットコインは200日移動平均線を超えたタイミングから6ヶ月先の利益率は193%となっていると指摘、今後のビットコイン価格の展望に明るい兆しであると言及した。

長くレジサポの転換をしながら注目されているビットコインチャートにおける日足の200日移動平均線、今後のBTC価格水準を左右するカギとして注目されることとなりそうだ。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら