「Galaxy S10」の仮想通貨ウォレット 搭載通貨は16銘柄|CZ氏の投稿内容から判明

バイナンスコイン、新型サムスンのウォレット対応が判明
携帯大手サムスンの「Galaxy S10」に搭載される仮想通貨ウォレットに搭載される銘柄が16である事が新たに判明した。BNBやOmiseGoなどERC20トークンがリスト入りしている。

バイナンスコイン、新型サムスンのウォレット対応が判明

大手携帯メーカーのサムスンが今年新しく発表している新型のGalaxy S10に搭載されているウォレットに追加される仮想通貨銘柄が16種類に達する事が新たに明らかになった。これは、バイナンス社のCEO CZ氏が発言したツイッターで明らかになったもので、同社が提供するネイティブ通貨バイナンスコイン(BNB)が「搭載される16銘柄の中の一つに選ばれたことを光栄に思う」とする発言と共に、一部の銘柄リストを示す画像を掲載した。

CZ氏が掲載した内容によると、対応銘柄は16種類、画像からGalaxy S10への対応が明らかになった通貨は以下の通りである。

  • Pundi X(NPXS)
  • Binance coin(BNB)
  • OmiseGo(OMG)
  • Populous(PPT)
  • 0x(ZRX)

上記銘柄の共通点として見られるのは、イーサリアムブロックチェーン上で発行されたERC20トークンである点だ。なお、この他にもEthereum(ETH)やEnjin Coin(ENJ)、Cosmo Coin(COSM)がデモ画面上で搭載される予定である事がわかっている。

なお、CoinDesk Koreaの取材内容では、Bitcoin(BTC)の搭載に関してはデモ画面では写っているものの、実際に初期搭載されるのは、イーサリアムとERC20トークンであるとしていたため、今回の投稿内容通りであるともいえる。

なお、サムスンの新型S10に仮想通貨ウォレットが搭載されているのはアメリカ、カナダと韓国で販売されたものに限定されるようだ。

今回搭載される事が明らかになったバイナンスコインは、2019年に入りバイナンスのIEOプラットフォームの成功などが大きな要因となり時価総額7位まで上昇を遂げた。

また下落相場が続いた2018年、最も良い成績を残した通貨はBNBで、Binance主導の相次ぐアダプション強化の影響が見られていた。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら