仮想通貨取引所QUOINE、XRPとBCHのビットコイン建取引を追加 

国内取引所QUOINE、取引ペアや証拠金対応通貨の追加へ
国内の仮想通貨取引所QUOINEが24日午後1時から取引ルールを一部変更。新たなBTC建の取引ペアや証拠金対応通貨を追加したことを発表した。アルトコインの証拠金取引の利便性が向上する。

QUOINE、24日午後から取引ルール一部変更

国内仮想通貨取引所QUOINEは新たにXRP、BCH建のBTCペアを追加するほか、ETHとXRPを証拠金の対象通貨として追加する。本日午後1時より新たな取引ルールとして適応することを公式ブログで発表した。

取引ルールの変更に伴う書面の改定内容に同意すると4月24日午後1時以降に上記の通貨が取引可能となる予定だ。なお、APIユーザーの場合は改定内容に同意しなかった場合、5月3日以降取引ができなくなるため注意が必要となる。

変更内容

取引ペアの追加

新たにビットコイン建の取引ペアにXRP(リップル)とビットコインキャッシュ(BCH)を追加。

証拠金対象通貨の追加

マージン取引に必要となる証拠金の対象通貨にイーサリアム(ETH)とXRPを追加。

今回のニュースの重要点は、XRPとBCHの現物取引ペアが増えたことによる選択肢の増加のほか、ETHやXRPのレバレッジ取引ユーザーの決済時の把握のしやすさが大きく向上したことを意味する。スワップポイントを狙った取引などへの利便性も向上した。

なお、Quoine社ではウェブコンテンツのドメインの統合を行なっており、今後の情報が「https://blog.liquid.com/ja」に一元化される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら