ドローン企業を諦めて仮想通貨メディアへ就職した理由|コインポスト社内インタビューVol.2

CoinPost社内インタビュー第2弾
日本最大級の仮想通貨メディアCoinPostの営業部で活躍する社員インタビュー第2弾。職場の雰囲気や業界に対する想いなど、社内から生の声をお届けします。

CoinPost社員の中辻、ブロックチェーン業界にかける想い

こんにちは、編集部担当の坂巻ノアです。

今回の記事ではCoinPostで営業部を担当している中辻 諒(以下、Ryo)さんに社員インタビューを受けていただきました。

―CoinPost入社前は何されてたんですか

4年間イギリスに留学し、ロンドンの大学で学業に励んでました。大学中ではロンドンにてビジネスコンテストに4回出場するなど、様々なことにチャレンジしており、大学3年生の時に就職活動の一環として、ドローンベンチャーにてインターンを経験しました。

(英国の大学卒業式にて:諒さんの英語はブリティッシュな発音が特徴的です!)

当時からハイテクノロジーに興味があり、ドローンでエンターテイメントを作る、日本のスタートアップ企業に4ヶ月ほどお世話になりました。また、その会社を通じVR関係の方々と繋がりを築いたり、360度カメラやLIVE動画なども一緒に学ばせていただきました。

仮想通貨のことはインターン中にニュースで偶然知って。独自に勉強する中で、この業界に入りたいと思い始めたんです。当初はドローン関係での起業、就職を考えていましたが。

(DJI Phamtom 3 Standardを持っていて飛ばせるとのこと:写真はロンドンのサッカーチーム練習の撮影前 )

なぜドローンから仮想通貨業界へ

調べれば調べるほど、国内の仮想通貨・ブロックチェーン業界は、世界から注目される将来性の高い分野だと思ったからです。

実際に海外に出てみて、日本のIT業界が世界的に見ても素晴らしいことはわかりました。しかし、アメリカ、イスラエル、中国、インドなどの友人と話すうちに、「現在」の日本のIT成長速度は著しく遅れているのではないかと感じたんです。ドローンも覇権は中国市場が握っており、仮想通貨・ブロックチェーンが日本のIT発展の望みだと考えるようになりました。

コインチェックハッキング事件などを経て、仮想通貨・ブロックチェーン市場は、規制面で世界でもどこよりも早く進んでおり、誰もが名前を聞いたことがあるような日本の大手企業も続々と参入し始めています。仮想通貨は「黎明期のインターネット」と呼ばれており、今後何十年にも渡って注目される分野でしょう。

この業界の進化スピードは凄まじく早く、毎日のように世界中でさまざまな出来事が起こり、たまに映画の世界が現実に起こっているような感覚に陥るんです。そんなスピードで将来どう変わっていくのか・・・私も直に体験したいという思いが募り、思い切って業界に飛び込んでみました。

実際に働いてみて、この業界は本当に楽しいなと。メディアで配信しているニュースを通じて、世界中の企業の成長度合いを日々感じることができるのは魅力的です。

Ryoさんから見た、CoinPostの長所は

CoinPostの長所として挙げられるのは、組織力です。

CoinPostは、まだ設立1年半ほどの若い会社ですが、その間に社員だけでも倍以上になり、インターンやアルバイトの方もどんどん増えています。

この成長の背景には、チームワークと士気の高さがあったからではないかと思っています。平均年齢は比較的低いですが、その分バイタリティに溢れ、それぞれの分野で秀でたスキルを持っています。組織力においては、他の名の知れた企業にも引けをとらないと思っております。

職場の仲間とは、長年の付き合いと錯覚するほど親近感が湧くこともあり、社内はとても仕事がしやすい環境です。

CoinPostでは、どのようなスキルを活かせますか

私の場合は、大学でマネジメントと経済学を学んでいたので、その知識をそのまま活用できています。

あとは英語力ですね。海外の会社に取材することもありますし、特に海外ニュースの情報収集には英語が必要になってくることが多いので、この業界では重要度の高いスキルですね。仮想通貨は投資に関係していますから、株式・為替の投資経験など、金融系の知識も役立つことが多いと思います

どんな方がCoinPostに向いている

やはり、仮想通貨・ブロックチェーンに関する知識をさらに身に付けたいという意欲的な方は向いていると思います。また、スタートアップの一員として、積極的に考え行動できる方や企業家精神のある方など、成長に貪欲な方ですかね。

CoinPostを通して、この業界をどのように変えていきたい

目的としては、第一情報をいち早く正確にユーザーへ届けることです。日本から世界へ発信するメディアとしてもっと大きく成長したい。CoinPostは日本と世界をつなぐブリッジ(橋)のような役目を果たせたらと。

日本で数多く立ち上がっている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトを世界に認知いただけるよう、より大きなメディアに成長することが弊社のミッションです。

ゆくゆくは、東京を「ブロックチェーンのシリコンバレー」と呼ばれるようにしたい。これは本気で考えています。仮想通貨メディアCoinPostを通じて、僕なりに業界の発展・成長に貢献していければと考えています。

最後に

Ryoさんは、持ち前の英語力だけでなく、類稀なる行動力と積極性で、国内外の仮想通貨著名人に取材を行ってきました。

今回は、そのRyoさんが逆にインタビューを受ける側となりました。いつもインタビューを担当しているのですが、実際にインタビューされる側となった今回、意外と緊張していたようです(笑)

インタビューでもありましたように、学生時代に仮想通貨・ブロックチェーン業界に興味を持ち、「もっと知りたい」と勉強したことで今の自分があると語ってくれました。

コインポストでの仕事に興味を持った方は、ぜひ気軽にご応募下さい!

求人情報 WE'RE HIRING
ご挨拶 A Warm Greeting From CoinPost いつもCoinPostをご利用いた...

Coinpostを育て上げた「編集長:各務」のインタビューも近日予定しております。乞うご期待!(後日追記:)

CoinPost社内インタビュー・シリーズ

コインポスト編集長が語る、仮想通貨メディアの在り方と求める人材|社内インタビューVol.5
仮想通貨メディア「コインポスト」の社内インタビュー第5弾は、編集長の各務が登場。リーダーから見る社内の雰囲気や、仮想通貨業界で成長するための今後の展望について語っていただきました。
仮想通貨業界は「自分を成長させてくれる場」コインポスト社内インタビューVol.3
今回は、仮想通貨メディア「コインポスト」の要である編集部の主力メンバーとして活躍する社員インタビュー。職場の雰囲気や業界に対する想いなど、社内から生の声をお届けします。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら