ライトコインが年初来高値を再び更新|前日比+10%高で好調続ける

ライトコインが再び年初来高値更新
時価総額4位の仮想通貨ライトコイン(LTC)が前日比+10%の高騰を見せ、昨年5月以来となる13,000円台に価格が上昇。年初来騰落率はビットコインを凌ぐ+320%となった。

ライトコイン、384日ぶりの13,000円台回復

時価総額4位の仮想通貨ライトコインが前日比+10%の高騰を見せるなど好調を維持しており、昨年5月以来約384日ぶりに13,000円台に価格が回復した。

ライトコインのチャート(6月10日-6月11日)

出典:CoinMarketCap

ライトコインの歴史的チャート

出典:CoinMarketCap

ライトコインの上昇要因としてあるのは2月後に控えるライトコインのマイニング報酬が半分にまで減少する「半減期」だ。通貨の発行数が半分になることで供給が抑えられ、価格に影響が出ることはこれまでビットコインの半減期のおよそ1年前後から見られてきた。

2013年と仮想通貨市場の比較的初期からビットコインの「デジタル・ゴールド」に対をなす「デジタル・シルバー」のポジションを維持してきたライトコインは1月から好調な上昇を続けており、年初来では+320%の騰落率を記録している。ライトコインがeToroの専門家などから「上昇相場を牽引している」と言われているが、本稿執筆時点のビットコイン価格の年初来騰落率+111%と比較するとそれは明白だと言えるだろう。

出典:CoinMarketCap

またライトコインの上昇は年初来からの動きだけではなく、主要通貨が軒並み下落していた先週の相場でも最も高い上昇を見せていた。

出典:CoinMarketCap

ビットコインとの相関性

また仮想通貨情報サイトCoinPredictorによるとビットコインとライトコインの相関性を示すR値が0.58があり、これは正の「相関がある」ことを示している。

本稿執筆時点ではライトコインの上昇(前日比+10%)はビットコインの前日比の上げ幅(+4.10%)より高い。

CoinPost関連記事

ビットコイン以上の上昇続けるライトコイン、今後の重要材料を解説
年初来チャートを比較するとビットコインよりも優れたパフォーマンスを維持している仮想通貨ライトコイン。今後LTC価格を影響し得る重要ファンダメンタルズをまとめた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら