仮想通貨イーサリアムクラシック次期アップデートが間近に 「アトランティス」テストネット公開まで数日

近づくETC次期アップデートのテストネット公開
「アトランティス (ECIP-1054)」のテストネット公開が今月19日に早まった。 このアップグレードで、ETCとETH間の相互運用性の向上が期待されている。

近づくETC次期アップデートのテストネット公開

イーサリアムクラシック(ETC)の次期アップグレード「アトランティス (ECIP-1054)」が近づいている。このアップグレードのテスト起動に関して、当初は8月上旬を予定していたが、最近、その予定日が早まったことが明らかとなった。実施日は今月19日前後を見込んでいる。

Ethereum Classic Labsによれば、この「アトランティス」は、イーサリアム(ETH)で以前実施されたアップグレード「ビザンチウム」のプロトコルを採用している。これにより、ETCとETH間での相互運用性が向上し、チェーン同士でのコラボレーションも可能になるという。

なお、今回のアップデートに向けた単独の価格上昇は見られていないが、開発状況の停止が危惧されていたことで値を落としたイーサリアムクラシックの価格において、相場の活気を取り戻す要因の一つになる可能性は考えられる。

今回のアップデート内容や、今後のロードマップを鑑みると、ブロックチェーン・プラットフォームとしての機能の向上にかなり心血を注いでいるようだ。

イーサリアムクラシックのロードマップ

Ethereum Classicの今後の展望は以下の通りとなっている。

2019年のロードマップ

  • ETHとの相互運用性
  • JSON-RPCスキーマ
  • マルチネットワークのエクスプローラーツール
  • チェーンの監査と解析
  • SVMの埋め込み
  • ETC JITコンパイラ
  • スマートコントラクトIDE

2020年のロードマップ

  • EVM LLVM Backend

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック