世界経済は転換期に差し掛かる=世界最大ヘッジファンド創業者 仮想通貨ビットコインが置かれる状況とは

高まるゴールドの需要、ビットコインへの影響は
世界最大のヘッジファンドの創業者は、持続不可能な成長から世界経済は転換期を迎えていると主張、ゴールドへの投資を推奨した。その見解と仮想通貨が置かれる状況とは。

高まるゴールドの需要

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者であるレイ・ダリオ氏は、金(ゴールド)への投資を推奨している。「パラダイムシフト」とのタイトルで、現在の金融マーケットが大きな転換期を迎えていることをLinkedInへの投稿で説明した。

現在の市場のパラダイム(その時代におけるもの見方)を継続して推し進めていく事は「不可能」なものであると、ダリオ氏は主張する。「パラダイム自体は、明らかに終わりを遂げるものであるが、人々は持続するものであると信じこんでしまっている」と形容した。

現実的に持続不可能な国の債務増加率に伴う資産価格の上昇や、それら資産に投資をする事業者の収入に対する債務返済コストの増加は、過熱の末にパラダイムシフトを起こすことに繋がると見ている。

また、連邦準備理事会(FRB)が7月中に利下げをするとみられているなど、金融緩和へ踏み切る中で、ゴールドへの投資は適した選択であると同氏は強調した。「ポートフォリオにゴールドを追加することは、リスクの軽減とリターンの向上の両方につながるだろう」と述べている。

ビットコインへの需要は

上述されたゴールドは、先週末に6年来の最高値を更新した。

業界内から注目されるトピックとしては、地政学的リスクに伴う経済不確実性や法定通貨の切り下げで逃避先価値が見込まれるゴールドと類似し、価値の保存として注目されるビットコインの行先だ。

実際にビットコインも、ブレグジットに対する混乱が4月の価格上昇につながった例や、米中貿易関係が悪化している最中での需要増が顕著になったことから、ゴールドとの相関性が一時高まった。

しかし、 金の価格高騰に続く形で高騰相場が確認された「銀」価格には、ビットコインの相関性が見られなかった。

ヘッジファンドのTJM Institutional Servicesでマネージングディレクターを務めるJim Iuorio氏などは、ビットコインが高いボラティリティや出来高の減少によって、資産逃避先のリストから外れてしまった可能性を指摘。ヘッジ手段の乏しいビットコインの価格不安定性には、未だ一定の安定水準が求められているとの見解を示した。

Bakktの現物先渡し先物取引の誕生やそれに伴うカストディアンの機能など、新たなデリバティブの需要は、巨額資産を扱う機関や取引所などから見られ、それが市場の価格安定性に繋がっていく可能性が見込まれている。そういった意味で、一般利用者にターゲットを置かない仮想通貨関連金融商品の誕生は、複合的にニューマネーを呼び込む市場の受け皿となる可能性を秘めている。

CoinPostの関連記事

米艦艇がイランの無人機撃墜:地政学リスクでゴールドが一時急騰、仮想通貨ビットコインも
トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で、米艦艇がイランの無人機を撃墜したと明らかにした。この報道を受けてゴールドは急騰。ビットコイン価格も一時上昇した。
米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も
連邦準備制度理事会の総裁は米国会上院の公聴会にて、ビットコインをゴールドに比較した。仮想通貨が普及すれば国の準備通貨というシステムの必要性を無くす可能性を否定せず。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら