イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
10/01 (土)
アニモカのBCゲーム「Benji Bananas」、ユーザー数が昨月の15倍に
アニモカブランズが展開するNFTブロックチェーンゲーム「Benji Bananas」のユーザー数が急増。執筆時点で42万人に達している。
CoinPost
10/01 (土)
伊藤潤二氏のホラー系NFTコレクション、「TOMIE by Junji Ito」発表
リードエッジコンサルティングは、漫画家伊藤潤二氏の「富江」を題材にしたNFT「TOMIE by Junji Ito」を発表。22年11月から2,222個が販売される計画だ。
CoinPost
09/30 (金)
エンタメDAOプロジェクト「SUPER SAPIENSS」、 NFTのプレセールを発表
フィナンシェは、エンターテインメント系NFT「SUPER SAPIENSS NFT」の特設サイトを公開。プレセール申し込みを開始したことを発表した。
CoinPost
09/30 (金)
リップル裁判、内部資料提出に対するSECの異議申し立てを裁判所が却下
米国連邦地裁のアナリサ・トーレス判事は、仮想通貨XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、証券取引委員会の異議申し立てを却下し、仮想通貨の分類に言及した2018年の講演関連文書を提出するよう命じた。
CoinPost
09/29 (木)
仮想通貨ウォレットのメタマスク、新機能「Portfolio Dapp(ベータ版)」を公開
世界有数の仮想通貨ウォレットメタマスクは、新機能「Portfolio Dapp(ベータ)」の提供を開始した。
CoinPost
09/29 (木)
イーサリアム、マージ後ブロックの約2割が米国制裁を遵守
マージ後の仮想通貨イーサリアムにおいて生成されるブロックが、トルネードキャッシュの米制裁に準拠しているか調査結果が公表された。現在、23%超が米国の制裁を遵守している模様だ。
CoinPost
09/28 (水)
仮想通貨取引所KuCoin5周年、ビットコイン割引キャンペーンなど実施
暗号資産取引所KuCoinは、5周年を記念し、ビットコイン(BTC)の割引購入が行えるキャンペーンなどを開始。同時に、今後数年間の拡張・運営計画を明かした。
CoinPost
09/28 (水)
GMOコイン、ハードフォーク発生時点のイーサリアム保有者にETHW相当額の日本円交付へ
国内仮想通貨取引所GMOコインは、イーサリアムの所有者に対して、9月30日にEthereum PoW相当額の日本円を交付する方針を発表。15日時点でのETH所有者が対象となる。
CoinPost
09/28 (水)
マージ実装後は初 イーサリアムの新規発行量が純減を記録
仮想通貨イーサリアムの大型アップグレード「マージ」実装を経て、ETH発行ペースが格段に減少している。27日には、1日のETH新規発行量が初めてマイナスとなった。
CoinPost
09/28 (水)
OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」のNFTに対応
大手NFT電子市場OpenSeaは28日、イーサリアムのL2ネットワークOptimismのNFTに対応開始した。
CoinPost

概要

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏によって発案された仮想通貨。イーサリアムブロックチェーンのネイティブ通貨で、ブロック検証を行うノードに対する報酬や取引手数料(ガス代)の支払いなどに利用される。ローンチ時点では、発行上限枚数は設定されていない。

特徴

イーサリアムの1番の特徴は、基盤のブロックチェーンを活用して分散型アプリケーション(dApps)を構築できることだ。自動的に契約を執行する「スマートコントラクト」という機能を最も早く導入したブロックチェーンとしても知られ、ERC20などと呼ばれる規格で独自のトークンを発行できることも大きな特徴である。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、ローンチ時はPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用。その後は当初から、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行することが計画されており、2021年中に以降予定。

PoWは取引を承認してブロックを生成するのに膨大な計算が必要で、高性能なコンピューターが必要だったり、大量に電力を消費するなどのデメリットがある。しかし、PoSに移行すると消費電力を大きく削減できる見込みであるため、大きな注目を集めてきた。

イーサリアムは、dAppsを構築ができるブロックチェーンとしていち早くローンチされたため、DEX(分散型取引所)などのDeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の領域で多くのユーザーを獲得。各プロジェクトの開発者だけでなく、各国政府や大手金融機関も機能に注目している。

国や企業も採用

2020年には中国の国家ブロックチェーンインフラプロジェクト「BSN」が、統合するブロックチェーンの1つにイーサリアムを採用。さらに2021年6月には、イスラエル銀行(中央銀行)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するテストで、イーサリアムのブロックチェーンを使用したことも報じられた。

また、大手企業の活用事例では、オランダを拠点にする大手銀行ING Bankが、デジタル資産に関するテストで、イーサリアムブロックチェーンを使ってトークン発行したことがある。

イーサリアムはブロックチェーンの機能の高さやユースケースの多さ、将来的なアップグレードへの期待などの要因で、非常に人気が高い。