イーサリアム [Ethereum / ETH]

ETH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ETH 基礎情報

Ethereum(イーサリアム)は、2013年にVitalik Buterin氏によって発案された、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を構築できるプラットフォームです。Ethereumはスマートコントラクトのパイオニアです。ETHはEthereumプラットフォームのネイティブ通貨であり、スマートコントラクトを利用する際の取引手数料、および、ブロック形成・内容の検証を行うノードへの報酬などとして機能します。

ETH関連ニュース

10/25 (日)
「巻き戻しのエネルギー溜まる中、米大統領選直前のCME SQに注目」bitbankビットコイン週間市況と各金融市場の騰落率
について解説。株や貴金属を含めた各相場の週間・月間・年初来騰落率、仮想通貨取引所bitbankアナリストによる週間ビットコイン市場レポートを合わせてお届け。
10/25 (日)
データで見るDeFiレンディング「Cream」のこれまでと最新動向
DeFiのレンディングプロトコルの一つであり、大手DeFIレンディングCompoundのフォークプロジェクトCreamについて解説します。Creamにトークンをデポジットすると金利を稼ぐことができ、逆に金利を支払ってトークンを借りることも可能です。
10/24 (土)
「PayPalの仮想通貨業界参入は米ウォール街にも影響」=Galaxy DigitalノボグラッツCEO
米商業銀行Galaxy Digital社のマイケル・ノボグラッツCEOが、米決済大手PayPalが仮想通貨サービスを開始することの影響について語った。米大手銀行も仮想通貨業界参入を検討すると主張している。
10/24 (土)
イーサリアム2.0のデポジットコントラクト、監査結果待ち
仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレード「ETH2.0」で、デポジットコントラクトが11月に実装される可能性が浮上。重要なコード監査の結果を待つ必要がある。
10/23 (金)
関心高まる「NFT」の未来像、乗り越えるべきハードルとは|TBCC2020
「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が開催され、国内外で関心高まるNFT(ノンファンジブルトークン)をテーマに、コインチェックやLINEブロックチェーン関係者、BCゲーム開発企業などの有識者が熱心に議論が交わした。
10/23 (金)
様々なアルトコインをイーサリアム上でトークン化 米Tokensoftらが新サービス
デジタル資産の発行等を手掛けるTokensoftとカストディサービスを提供するAnchorageが提携、その第一弾として暗号資産(仮想通貨)Zcashをイーサリアム上で利用できるサービスを提供する。
10/23 (金)
イーサリアム高騰、年間取引量「1兆ドル」を超える見通し
21日の高騰で年初来高値を更新したビットコインに続き23日にかけてイーサリアムが高騰、力強い値動きを見せた。DeFiやETH2.0を背景とした根強い現物需要など、上昇の背景を解説。
10/22 (木)
DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説
仮想通貨相場に大きな影響をもたらしたDeFi(分散型金融)ブームの一因「イールドファーミング」とは何か?ブームの理由とその影響、主要プロダクトなどについて詳しく解説。
10/22 (木)
「対象コインは5銘柄」Kraken日本法人の暗号資産取引所がサービス開始
米仮想通貨取引所Krakenの日本法人の暗号資産交換業者「Payward Asia株式会社」は10月22日より入出金と取引サービスを開始した。今後多様なサービスの提供にも示唆。
10/22 (木)
仮想通貨取引所Bybitが4つのUSDTペアを追加、ETH・LTC・XTZ・LINKの取引可能に
デリバティブ取引所のBybitは、10月19日に新たに4つの取引ペアを提供開始すると発表した。ETH/USDT、LINK/USDT、LTC/USDT、XTZ/USDTの4つのペアが加わる。
10/22 (木)
仮想通貨オプション取引所DeribitもKYCを強化へ
最大手の仮想通貨オプション取引所Deribitはユーザーの本人認証手続きを強化し、今年中にすべての既存ユーザーが手続きを終える必要があると発表した。
10/21 (水)
PayPal、仮想通貨売買に対応へ ビットコインなど4銘柄
米決済大手のPayPalは仮想通貨の売買機能を開始することを公式で発表した。最初はビットコインを含めた4銘柄をサポートする。
10/21 (水)
Messari、NFTの取引高急増を報告「NBA選手のデジタル資産やバーチャル猫」
暗号資産(仮想通貨)のリサーチ企業であるMessariはNFT(ノンファンジブルトークン)に関するレポートを公開、第3四半期におけるNFTの取引が急増したことを報告した。
10/21 (水)
著名アナリストがビットコインの「大相場」を予見、イーサリアムのNVTは強気
重要局面の仮想通貨市場では、海外著名アナリストがパラボリック的な高騰を予見。BTCドミナンス再上昇のアルトドレインで後退するイーサリアム価格だが、NVTは強気を示す。
10/21 (水)
銀行ビジネスが非中央集権モデルに取って代わられる可能性──米通貨監督庁トップ
米通貨監督庁(OCC)のトップを務めるBrian Brooks氏はD.C.フィンテックウィークに登壇し、銀行がブロックチェーンを採用する必要性を訴えた。非中央集権モデルと既存の銀行ビジネスで競合する未来を指摘した。
10/20 (火)
イーサリアム2.0、デポジットコントラクトは数日以内=米ConsenSys開発者
イーサリアム(ETH)の次世代ブロックチェーン「ETH2.0」の開発に携わる米ConsenSysの開発者が、デポジットのテストは順調に進んでいると説明。予定通りフェーズ0を今年中にローンチできるか注目が集まる。
10/19 (月)
中長期の相場観、ビットコインとイーサリアムの強気を示す複数のシグナル
仮想通貨市場とBTC(ビットコイン) 19日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+0.72%の120.7万円(11,460ドル)に。 攻防の要であ…
10/16 (金)
ビットコインとポルカドットを繋げる「PolkaBTC」2021年Q1ローンチへ
ポルカドットはトークン化されたビットコイン「PolkaBTC」を発表した。来年の第1四半期のローンチを予定しており、ビットコインでDeFiを利用する手段がまた一つ増えることになる。
10/16 (金)
イーサリアム長期ホルダー大幅増、1年以上の保有者は全供給量の60%超に
仮想通貨イーサリアム(ETH)の全供給量の60.15%が、1年以上動いていないことが分かった。ETH2.0のステーキング開始に向けて、長期保有する傾向が強まっていることを示唆している。
10/16 (金)
高級時計をブロックチェーン で真贋保証、スイス Breitlingが実利用
スイスの高級時計「ブライトリング」が、イーサリアムのブロックチェーン上で真贋証明書の発行を開始。高級品のデジタル認証コンソーシアム「Arianee」が提供、ERC-721標準を使用している。