テゾス(XTZ)|投資情報・リアルタイム価格チャート

03/28 (土)
米Bitwise、仮想通貨インデックスファンド提供へ BTCやXRPの10銘柄に連動
米投資運用企業Bitwise Asset Managementが、仮想通貨のインデックスファンドの提供を目指していることが分かった。ファンドを構成する銘柄も明らかになっている。
03/23 (月)
テゾス財団、全集団訴訟で和解する方針固める
テゾス財団が、財団に関連した集団訴訟を全てを和解に持ち込む方針を固めたことがわかった。今回の提案について、裁判所の認可が行われ次第、和解が成立する見込みだ。
03/21 (土)
テゾス財団の資産は700億円超 47%を仮想通貨ビットコインで保有
仮想通貨テゾスの開発を支えるテゾス財団が、1月末時点で6億3500万ドルの資産を保有していることが分かった。資産の内訳や助成金の支給額なども発表している。
03/16 (月)
米国版バイナンス、16日に仮想通貨Tezosを上場へ
仮想通貨取引所バイナンスUSは、16日に仮想通貨Tezos(TXZ)を新規上場させることを発表。米ドルとステーブルコインBUSDとのペアが取引可能に。
03/11 (水)
主要24仮想通貨の送金件数、過去10年間で「31億件」に 譲渡対価は計482兆8300億円相当
主要24仮想通貨のブロックチェーンネットワークで、2009年から2019年の10年間に処理された件数は「31億件」に達していることがわかった。2009年のビットコイン誕生以来、仮想通貨の成長は目を見張るものがある。
03/07 (土)
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
03/06 (金)
20年の主要アルト高騰率ランキング 仮想通貨ファンダ基準にした格付けも=G Crypto
「Generation Crypto」は20年現在の最も上昇した仮想通貨アルトコインのランキングを発表。イーサリアムやテゾス、BNB、ネムなどがランクインした。
03/05 (木)
速報 VISA決済で仮想通貨を即時購入 ビットコインキャッシュ、テゾスなど5銘柄追加=バイナンス
バイナンスは、法定通貨対応の販売所「インスタント購入」の機能で、新たに仮想通貨5銘柄を追加した。VISAクレジットとデビットカードを通じて、対象国からの購入が可能になった。
03/04 (水)
FOMC緊急利下げでビットコインにも波及か、仮想通貨チェーンリンク(LINK)高騰の背景は?
FOMCの緊急利下げで米ダウ平均が乱高下。ビットコイン(BTC)が一時大幅下落する中、時価総額11位の仮想通貨LINKは前日比13%高と上位アルトで独歩高に。前週比30%高、前月比64%高と続伸する。
03/04 (水)
コロナウイルス対策の支援者に仮想通貨テゾスを配布 XTZ開発者が立案
新型コロナウィルスの感染症対策の支援者に、仮想通貨テゾスを配布する計画が明らかになった。仮想通貨コミュニティ内でも高まる不安を背景に、テゾスの開発者が立案した。
02/28 (金)
ビットコインは8500ドルで反発、Coinbase Custodyで急拡大するテゾス需要|仮想通貨市況
米ダウ平均が過去最大規模の下げ幅を記録するなど金融市場が大きく揺れる中、仮想通貨ビットコイン(BTC)は8500ドルで反発。米大手仮想通貨取引所Coinbase Custodyでは、テゾスのデリゲートが過去30日間で1,200万XTZに達していた。
02/27 (木)
ビットコイン暴落で全面安も、テゾスやリンクが逆行高|仮想通貨市況
仮想通貨市場ではビットコイン暴落に伴う売り過熱で、4hRSIは昨年12月以来の水準まで急低下、TD Sequentialの「RED9」が再点灯した。アルト相場全面安で総悲観ムード漂うなか、BTC相関の低いテゾスとリンクが逆行高を見せる。
02/20 (木)
ビットコイン暴落で大規模ロスカット、仮想通貨テゾスが独歩高
仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)1000ドル級の暴落に伴い130億円相当のロスカットが発生、OIは1billion水準を割り込んだ。全面安を記録する中、coinmarketcapの時価総額TOP20でテゾス(XTZ)が独歩高を見せている。
02/19 (水)
BitMEX収益ランキング元1位、ビットコインやXRPなど仮想通貨の利確ポイントに言及
ビットコイン著名トレーダーのAngeloBTCは2021年に向けて、ビットコインを含めた4つの仮想通貨銘柄に関する利確ポイントを語った。BTC、アルト共に強気予想の見解だ。
02/12 (水)
ビットコイン(BTC)高騰で昨年6月以来のSFD水準、ネムやモナコインも大幅高|仮想通貨市況
わずか2日間のスピード調整を経てさらなる高騰を見せるBTC。ネム(NEM)やモナコインも高騰しており、CMCの仮想通貨TOP100の総時価総額は、昨年12月の底値(BTC=6500ドル)時の約20兆円から1.6倍上昇、32.6兆円まで回復した。
02/07 (金)
10,000ドル目前のビットコイン(BTC)、アルト市場も強気トレンド明白に|仮想通貨市況
続伸したビットコイン(BTC)が1万ドルに迫るなか、アルト市場のパフォーマンスがそれを上回るなど強気トレンドを明白にしつつある。その一方、ボラティリティが急上昇する場面も散見されており、仮想通貨相場の豹変には注意したい。
01/31 (金)
国内外で注目の仮想通貨ステーキングサービス、米国PoS協会がメンバー拡大中
米国の「プルーフ・オブ・ステーク同盟」がメンバー企業を拡大中。様々な業者が参入してきた中、日本国内および海外でも仮想通貨ステーキングサービスに大きな注目が集まっている。
12/11 (水)
速報 米バイナンス、新たな上場検討仮想通貨リストを公開 ネムやテゾスなど18銘柄がリスト入り
米国版バイナンスの仮想通貨取引所「Binance .US」が新たな上場検討リストを公開した。第二号として発表された新リストには、ネムやテゾスなど新たに計18銘柄がリスト入りした。
11/20 (水)
仮想通貨取引所コインベースUK 4つの銘柄対応に
米最大手仮想通貨取引所コインベースのUK支部「Coinbase UK」は新たに4つの銘柄への対応を開始。
10/01 (火)
仮想通貨の有価証券性を数値化 米コインベースら、BTC・ETH・XRP含む20銘柄対象のシステムを開発
コインベースなどの大手仮想通貨関連企業は、銘柄の有価証券性を評価する独立のシステムを発表。取引所上場を検討する判断をサポートする。