テゾス(XTZ)|投資情報・リアルタイム価格チャート

XTZ/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

XTZ 基礎情報

テゾス(XTZ)は、フォークせずにアップグレードを行うことが可能で、スマートコントラクトの安全性をプロトコルレベルで高めるために形式検証を導入、Liquid Proof-of-Stake(LPoS)の採用など、複数の特色をもつブロックチェーン技術および仮想通貨です。トークン化された資産管理に適している、との評判があり、STOなどのプラットフォームとしてのユースケースが徐々に増えています。

XTZ関連ニュース

04/21 (水)
英CoinSharesレポート「機関投資家のXRP(リップル)やDOT需要が拡大傾向」
英最大手仮想通貨投資企業CoinSharesは、過去1週間における機関投資家の資金流入先状況を開示した。ETH(イーサリアム)やXRP(リップル)、XTZ(テゾス)にも多くの資金が流入した。
04/21 (水)
「アサシンクリード」製作の仏大手ゲーム会社、仮想通貨テゾスのステーキングに参加
著名ゲーム会社の仏Ubisoftは仮想通貨テゾスのステーキングに参加することを発表。ブロックチェーンがゲームの未来にもたらす可能性を探るとしている。
04/17 (土)
「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催
ブロックチェーンのテゾスはクリーンなNFTで環境問題を気にするアーティストにアピールする。テゾスを利用するNFTマーケットプレイスのHic et Nuncが募金イベントを開始した。
04/16 (金)
仏大手銀行、テゾス(XTZ)上でセキュリティトークン発行
仏金融大手ソシエテ・ジェネラルが、仮想通貨テゾスのブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行。複雑な金融商品をトークン化する実験となった。
04/02 (金)
ベンチャーファンドDraper Goren Holm、テゾスエコシステムのスタートアップに投資へ
ブロックチェーン関連のベンチャーファンドであるDraper Goren Holmは、暗号資産(仮想通貨)テゾスのブロックチェーンを利用するスタートアップに新たに投資・支援を行っていく計画を発表した。
03/12 (金)
仮想通貨テゾス(XTZ)コミュニティ、色をNFT化するプロジェクトを始動
仮想通貨テゾスでも、NFT(非代替性トークン)に取り組むプロジェクトが登場。1690種類の色をNFT化した「tzcolors」はテゾスの技術を紹介する目的もあるという。
03/06 (土)
米リノ市がテゾスのブロックチェーンを利用、砂漠フェス「バーニングマン」のアートをNFT化へ
世界的に有名なアートフェス「バーニングマン」の開催地に近い米リノ市は、仮想通貨テゾスと提携し、DAO(自律分散組織)やNFT(非代替性トークン)に取り組むことを発表した。
03/06 (土)
ブルームバーグターミナル、アルトコイン6銘柄の価格データを追加
リアルタイム配信ソリューション「ブルームバーグターミナル」に、EOS、LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)など仮想通貨6銘柄の価格データが追加された。
02/27 (土)
米グレースケール、23銘柄の新規仮想通貨投資信託を検討
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールは23銘柄の仮想通貨投資信託を新たに検討している。メジャーアルトやDeFi(分散型金融)関連銘柄もリスト入りしている。
02/25 (木)
スイスの老舗銀行、仮想通貨取引を提供開始
スイスの老舗銀行Bordier & Cie SCmAがビットコインなどの仮想通貨取引の提供を開始したことがわかった。ビットコインやテゾス(XTZ)などの銘柄が対象となる。
02/24 (水)
GMOコイン、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスを開始へ
GMOコインは、3月1日より仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスを開始することを発表した。
01/23 (土)
米グレースケール、新規アルトコイン6銘柄の投資信託で書類提出
米仮想通貨投資企業グレースケールで、新規アルトコイン6銘柄の投資信託が形成されたことことが判明。LINKやBAT、XTZが含まれる。
01/07 (木)
クラーケンのステーキングサービス、1000億円以上相当の仮想通貨を運用
米仮想通貨取引所クラーケンのステーキングサービスで、1000億円以上に相当する顧客の仮想通貨資産が預けられている。ユーザーの長期保有が示唆されている。
01/05 (火)
FTX、Grayscaleビットコイン投資信託の取引を開始
仮想通貨取引所FTXが5日、グレイスケールが提供するビットコイン投資信託などの現物・先物取引を開始した。今回追加したのは、ビットコイン投資信託(GBTC)、イーサリアム投資信託(ETHE)、Bitwiseの仮想通貨指数ファンド(BITW)の3金融商品。取引はすでに開始されている。
12/16 (水)
仮想通貨取引所GMOコイン、販売所でテゾス(XTZ)の新規取り扱い開始
国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは、「販売所」にてテゾス(XTZ)を取扱開始することを発表した。bitFlyerに続き国内2例目。CMC時価総額上位のテゾスは、米コインベースなどがステーキングサービスを提供している。
12/16 (水)
BTC・ETH・XRPなどを対象とした仮想通貨インデックスファンド、米主要OTC市場で存在感
先日米主要OTC市場「OTCQX」に上場したBitwiseの仮想通貨指数ファンドの最初の3日間の出来高は70億円以上を超えた。同時期におけるグレースケールのビットコインやイーサリアムの投資信託を大幅に上回っている。
12/10 (木)
イーサリアムやXRP、主要アルトに機関マネーの流入期待──背景は?
ビットコインが底堅い推移を続ける中で、ファンド「Bitwise 10 Crypto Index Fund」の米主要OTC市場のOTCQXに上場を機に高まる仮想通貨アルトコインに対する機関マネーの流入。その重要性を解説。
12/10 (木)
米Bitwiseの仮想通貨インデックスファンド、OTCQXに上場へ──ビットコインなど主要銘柄を運用
米仮想通貨投資企業Bitwiseが発行する仮想通貨指数(インデックス)ファンドは米国のOTC市場OTCQXに上場した。主な比重になるビットコインとイーサリアムのほか、XRP(リップル)やテゾス(XTZ)などにも投資している。
12/08 (火)
bitFlyer、仮想通貨テゾス(XTZ)の取扱い開始──国内初
日本の大手仮想通貨取引所bitFlyerは8日、アルトコイン販売所で新たに仮想通貨テゾス(XTZ)の取扱いを開始した。
11/07 (土)
スイスの仮想通貨銀行、テゾス関連サービスを開始
スイス金融市場監督機構の登録業者シグナムバンは仮想通貨テゾスの取引およびステーキングサービスを提供することを発表。新たなカストディインフラ技術の採用も公表した。